習志野市の【痛みの少ない】歯医者なら

医療法人社団 ほほえみ会 

スマイルデンタルクリニック

〒275-0001 千葉県習志野市東習志野8-10-10

診療時間(最終受付18:30)
10:00~13:30/15:00~19:00
休診日:日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

047-455-7530

【医院ブログ】歯科治療について

台風15号千葉に上陸 Dr高峰

 

こんにちは、高峰です。台風大丈夫でしたか?

千葉は夜中ものすごい風と雨で眠れない一夜となりました。こんな凄いのは生まれて初めての経験でした。当日はクリアーコレクトというマウスピース矯正の講習会に東京に出かけていたのですが、どうやら東京湾を通ってそのまま上陸するのではないかと考え、講習終了後あわてて診療所に戻り、外に出ていたゴミ箱等を大急ぎで院内にしまいました。

 

おかげで、診療所、自宅ともとくに問題はなかったのですが朝出かけるときは、樹木は倒れ、電線はたるみ、何個もつかない信号機を通り過ぎました。代診の先生たちは津田沼駅で立ち往生し、結局歩いて診療所にたどりつきました。

 

自宅のすぐ近くでも停電していた場所も多くあり、千葉県では大きな被害となりました。もし昼間だったら、もっと大変な状況になってたのではとぞっとします。

 

いったん上陸してからの台風とは規模がちがいました。沖縄の方は大変だと心にしみました。まだまだ南部の方では大変な状況が続いていますので、一刻も早い復旧を願っています。

 

急性歯髄炎と壊疽性歯髄炎 Dr小須賀

 

こんにちは、小須賀です。みなさんも台風の影響でバスや電車が止まったり、停電や断水などで大変だったのではないでしょうか。

これからは台風の季節ですので、お気を付けてください。

さて、今日は急性歯髄炎と壊疽性歯髄炎についてお話します。

 

そもそも歯髄炎とは?歯髄炎とは、歯の中に存在する歯髄の炎症です。歯根膜炎と呼ばれることもあります。歯髄炎は、主に虫歯を原因として発症されます。初期の段階であれば、冷たいものや暑いもの、酸っぱいものがしみたり、噛むと痛いといった症状が出ます。進行してしまうと、何もしていなくても痛みが持続するようになります。さらに進行してしまうと、歯髄壊死を引き起こしてしまいます。また、壊死を引き起こしたあと、さらに腐敗菌が感染した状態を壊疽といいます。

このように、慢性的ではなく、急に歯髄炎を引き起こすものを急性歯髄炎といい、壊疽状態まで進行したものを壊疽性歯髄炎といいます。

急性歯髄炎は、主に単純性の一部性(歯冠部歯髄に限局)、全部性(歯根部歯髄まで感染)、あるいは化膿性に分けられます。

 

化膿性歯髄炎については、急性単純性歯髄炎から移行するケースがほとんどです。これも、一部性と全部性に分けられるが、いずれも痛みが強く、その範囲も広くなっているため、原因歯を明示することが困難なケースが多いです。

壊疽性歯髄炎の症状は化膿性全部性歯髄炎とほぼ同じであるが、異臭を放つ点が違います。そのため、根管または根尖に溜まった膿を出してあげることで痛みが軽減されます。

療法は、単純性の一部性では歯髄の消炎鎮静法や生活歯髄切断法などを行い、全部性では全部歯髄除去療法です。化膿性や壊疽性では感染根管治療を行います。

 

主に虫歯が原因となりますので、皆さんも毎日歯磨きしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

根尖性歯周炎 Dr小川

 

こんにちは、小川です。夜はずいぶん過ごしやすくなりましたね。僕は最近窓を開けて寝ています。

さて、今日は根尖性歯周炎について書いていきます。なぜ歯の根っこに膿が溜まるのでしょうか。一例として歯髄が残っている歯の場合で説明します。歯髄が失活して歯髄壊死や歯髄壊疽の状態に陥ると、根尖周囲組織はには分解した組織による化学的刺激や感染による刺激が加わり、生体側は根の部分でそれらを処理しようとする防御機構として炎症性の反応を起こします。根管からの刺激を生体が防御するために必要な炎症の場は、破骨細胞が根の周囲の骨を吸収することで確保され、病変が拡大していきます。この炎症の場もしくは溜まっている膿が、レントゲン写真で歯の根っこにうつっている黒い影です。骨の内部で拡大していきますが、さらに悪化してくると骨を突き破って歯肉にまで広がってきます。そうすると歯肉は腫れてきてぶよぶよとした感じになります。

では、根っこの炎症はどうやって治していくのでしょうか。最も基本的な治療方針は感染根管治療です。根管内の病因性物質を、根管壁を含む根管内から機械的、化学的に徹底除去した後に緊密な根管充填を行い、根管を根尖歯周組織に対して為害性のないものにすることを目的としています。他には、化学療法や咬合調整、外科的歯内療法などがあります。化学療法は、根尖性歯周炎の炎症の程度に応じて抗菌薬や鎮痛剤を処方し、最近の発育を阻止すると同時に、生体の負担を軽減し、病変の周囲組織に賦活力を与え、炎症の軽減をはかる治療法です。感染根管治療、切開による排膿路の確保、咬合調整による患歯の安静をはかる処置などと併用して行います。

完治がなかなか難しいですが、そのときそのときでベストな治療法を選択し、根っこの炎症が快方に向かうよう、日々努力したいと思います。

 

歯の黄ばみ Dr上村

 

こんにちは、上村です。私事ながら最近体調を崩してしまいました。僕の周りも風邪が流行っているので皆さんお気を付け下さい。

さて、タイトルにも書いたのですが、歯の黄ばみについてです。歯の黄ばみが気になるという患者さんはとても多いのですが、歯の黄ばみの原因は飲食物やタバコによるものと、もともとの歯の色や加齢による黄ばみがあります。歯は内部に歯髄(いわゆる歯の神経)がありその周りを象牙質が覆っています。さらにその象牙質の周りをエナメル質という組織が覆っています。このエナメル質が歯では一番硬い組織で年月と共にすり減っていきます。すり減ると黄みがかかった象牙質の色がみえるようになります。

なので歯の黄ばみはクリーニングによって取れるものと取れないものががあるのですね。

 

九州歯科大学関東支部の学生との交流会 Dr高峰

 

こんにちは、高峰です。17日(土)より当院も診療を開始しています。夏休みも残り少なくなってきましたので、何かあれば早めの診療をお願いいたします。

夏休み中は特にすることも無く、帰省していた長男と食事に出かけたりするくらいでした。先日の日曜日に都内市ヶ谷で大学の関東出身の現役学生とOBとの懇親会があり、100名以上が集まりました。うちの息子は1年生ということで出席しなかったのですが、なかなか活気に満ちていました。

最後はサッカー部の仲間が集まりしっかり飲んできました。ただスーツ姿だったのですが、この日は最高に暑く、暑さ負けして体調が悪くなってしまいました。都内は千葉よりやはり暑いですね。次回からはクールビズで半袖で参加しようと心に決めました。

うちの長男の大学での様子なども聞くことができ、有意義な1日になりました。

各歯の平均的長さについて Dr小須賀

 

こんにちは、小須賀です。気温35度超えの日が続いてますが、みなさんも夏バテにしないようにきをつけてくださいね。

さて、今日は歯の平均的な長さについて書きたいと思います。前歯や臼歯などの歯種によっても違いますし、歯種が一緒でも上と下の歯でも変わってきます。もちろん、個人差はありますが一般的に犬歯が25.4mm(上顎)、23.8mm(下顎)と長いです。また、第二大臼歯は2~4根ありますが平均すると一番短いです。

 

このようなことを頭に入れながら診療することで、診療をスムーズに行えるようにまたは稀な症例にすぐ気づき迅速な対応をできるように心がけようと思います。

ちなみに僕は上顎の前歯の根とても短いです。

レントゲン写真を撮った際には、みなさんもぜひご自身の歯を見てみてください。

 

 

 

 

 

非歯原性腫瘍 Dr小川

こんにちは、小川です。梅雨があけ、とにかく暑い毎日が続いていますね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。僕は虫が一気に多くなり、夏を感じています。

さて、今日は非歯原性良性腫瘍について書きます。口の中に何かできると癌など悪いものなのではないかと心配してしまいますよね。実際は良性のものがすごく多いです。主要なものには、上皮性の乳頭種、非上皮性の血管腫、リンパ管腫、筋腫、骨腫、脂肪腫、繊維腫などがあります。

それぞれ特徴があり診断が可能なものが多いです。治療法としては、摘出か切除になります。歯科口腔外科という専門に扱っている先生と連携をとりながら治療が可能なので、お口の中で気になることがありましたら、お気軽にご予約されてみて下さい。

 

 

フレアーアップ Dr上村

こんにちは、上村です。梅雨もようやく終わるようですね。晴れの日が続くと今度は熱中症に気を付けて過ごさなければいけませんね。

さてタイトルに書いたフレアーアップというのは根尖性歯周炎の治療、いわゆる歯の根の治療中に生じる強い痛みです。根尖性歯周炎というのは主に神経を取った歯、虫歯を長い間放置していた歯などに見られますが、歯の根っこに膿が溜まったり炎症が起きている状態です。この根尖性歯周炎が慢性化している状態に根の治療をすると症状が急性化して強い痛みが出る事があります。これをフレアーアップといいます。原因は治療中の物理的化学的刺激や免疫学的要因が複合して起こります。歯の根の治療を行って治療前より痛みが強くなるというのは、こういう事なんですね。

 

 

夏季休暇について Dr高峰

こんにちは、高峰です。梅雨寒な日々が続いていましたが、そろそろ梅雨明けで暑くなるようです。残暑だけは長引かないよう願いたいですね。

夏季休暇について報告します。新着情報にもありますように、8月11日(日)~8月16日(金)まで夏季休暇と致します。8月17日(土)より通常通りの診療となりますのでどうかよろしくお願いいたします。

今週の日曜日には参議院選挙があります。みなさんも国民の権利をまっとうしましょうね。

 

 

歯性上顎洞炎 Dr小須賀

こんにちは、小須賀です。最近は肌寒いですが、もうじき暑くなりそうですね。みなさん体調管理には気を付けてくださいね。

さて、今日は歯性上顎洞炎についてです。上顎洞炎には感染源の由来で鼻性と歯性に分けられます。歯性は片側のみに起こることが多く、鼻閉感や頭痛、鼻腔からの排膿が症状としてあります。上顎洞と近接する上顎第一、第二大臼歯の根尖病巣が原因となりやすいです。他にも、外傷や上顎骨切り術などで起こることもあります。

急性期には抗菌薬投与や抗炎症薬投与を行い、消炎後に感染根管治療や抜歯などの原因歯の治療を行います。また、抜歯後に上顎洞穿孔と排膿が認められた場合、上顎洞洗浄療法があります。

このように、歯科の疾病でもお口の中以外にも症状が出てしまうこともあるので様々な知識を身につけることは大切だなと思いました。

 

メタルポストコア Dr小川

歯性上顎洞炎 Dr小須賀

こんにちは、小川です。雨が続いていますね。靴が濡れてしまうので毎日履いていく靴選びに頭を悩ませています。みなさんはどうでしょうか。

さて、今日はメタルコアについてです。当院では被せ物をする前にセットする土台として活躍してくれています。このメタルコアは、人の噛む力に耐えうる形であることが大切です。メタルコアの維持に必要な長さは、根の長さの四分の三か、最低でも歯冠長と等しい長さと言われてます。また、太さは特別太くする必要はなく、最大でも根の直径三分の一を超えないことが原則となっています。

前歯など根が一つのものは上の原則を基本として形成すれば問題ないです。奥歯など根が複数ある場合は一番太い根のところにしっかりとした維持を求めて形成します。

すべての歯に適応できるわけではないですが、基本的にはこのような基準をもとに私たちは治療に取り組んでいます。治療中に気になることなどあればぜひ聞いてくださいね。わかると面白いこともたくさんありますよ。

 

 

 

 

 

エナメル質形成不全症 Dr上村

こんにちは、上村です。梅雨入りもあって週間天気予報を見るとずっと雨マークですね。九州は水不足という事でしたが、最近雨が降ったので少しは改善されていたら良いのですが。

さて、タイトルに書いたエナメル質形成不全症とは、歯の組織であるエナメル質が生まれつき弱い状態である事をいいます。特にこれが良く見られるのが前から数えて6番目の歯、第一大臼歯です。6歳臼歯とも呼ばれている歯ですね。エナメル質形成不全になる原因として、生後2~3年以内の疾患や服薬の影響、妊娠中の母親の疾患や服薬の影響、早産、外傷などが挙げられているんですが、どれも確実なものとはされていません。つまり、まだ原因がはっきり分かってないものなんですね。

エナメル質形成不全は学校で1クラスに3、4人くらいの割合で見られます。エナメル質が弱い状態なので虫歯になったり、固いものを噛んで歯が欠けるリスクがあるので気を付けなければいけません。怪しいかも…と思った方は遠慮なくお尋ねください。

 

 

 

 

東京オリンピックと金属アレルギー Dr高峰

こんにちは、高峰です。梅雨時のぐずついた日が続きますが、体調などいかがでしょうか?

本日東京オリンピックのチケット抽選発表がありましたね。私も限度いっぱいに申し込み、なんと開幕式前日に行われる東京スタジアムの男子サッカー初戦のチケットが5枚当選しました。まわりはほとんど外れてるので、ラッキーだったと思います。

過去の傾向から、そこではまず開催国の初戦が行なわれ、日本戦が見られると思います。もし違えば泣くしかありません。今のところ家族で行く予定です。

さて話はかわり現在増えてきている金属アレルギーについて少し話します。アレルギー性接触皮膚炎や手や足などの柔らかい部分にできる膿疱症などの症状が出来、現在パッチテストにてアレルギー反応があるかどうかわかります。

もし口腔内の金属が原因であれば、土台を含め全部外して金属を含まない白色材料でやりかえるしかありません。保険が効かない場合が多く、費用的にもかなり高額になりますし、長い土台を外す場合歯が破折する可能性もあるなどリスクも伴います。

正直全部終わるまで続く患者さんも少ないです。何か画期的ないい方法はないものかと、考えさせられます。

 

 

 

東京オリンピックと金属アレルギー Dr高峰

口腔乾燥症 Dr小須賀

こんにちは、小須賀です。最近、暑かったり寒かったりと変な天気が続いてますので体調にはくれぐれも気を付けてください。

さて、今日は口腔乾燥症について書こうと思います。自覚症状としては口の中が乾いたり、ねばついたり、舌がぴりぴりするなどです。また、口腔乾燥を訴える方の中には、唾液を量の減少を認める場合と認めない場合があります。

唾液量の減少を認める場合、発語や嚥下に障害を来し、口臭の原因となり、口腔衛生が阻害されます。長時間続くようであれば、虫歯が多発したり、カンジダなどの菌も多くなり、舌、口腔粘膜が痛むこともあります。

基本は原因療法、対症療法を行っていきますが、口腔衛生が向上することで、症状の改善がみられることもありますので、お口の中を清潔に保つ事が大切です。

 

 

 

シュミテクト Dr小川

こんにちは、小川です。いよいよ梅雨がスタートしますね。みなさん雨対策はばっちりでしょうか。さて、今日は知覚過敏対策で有効な歯磨き粉であるシュミテクトについてお話しします。

シュミテクトの知覚過敏に有効な成分は硝酸カリウムです。硝酸カリウムが唾液などの水分によりカリウムイオンとなり、それがしみを感じてる神経の感覚を鈍らせます。なので、完全にしみをなくせるわけではないですが、今より症状が緩和される可能性は高いかと思います。

臨床試験によると、シュミテクトを使用してから2週間後には44パーセントの患者さんに痛みの緩和が認められ、4週間後には81パーセントの患者さんに症状の改善を認めているとのことです。

知覚過敏の発症予防を含めてホームケア用に普段から使用するのは効果的だと思います。

 

周術期ケア Dr上村

こんにちは、上村です。5月も終わりもうすぐ梅雨の季節ですね。ジメジメとして嫌な季節ですが頑張っていきたいと思います。

さてタイトルにも書いたのですが、現在の日本の高齢社会では周術期ケアがとても大事になってきます。口の中をしっかり歯磨きしていないと歯の表面にはプラークが付き、このプラークには1mgで1億の細菌がいると言われています。この細菌は虫歯や歯周病はもちろん、肺に入ると肺炎、血管に入ると心筋梗塞などのリスクを高めると言われています。

何かの疾患があって全身麻酔下の手術が必要となった時、口腔内から気管にチューブを挿管する際、口腔内の細菌を肺に押し込んでしまう危険性があります。

なので入院、手術が決まったらそれまでに口腔内の環境をきれいにしておく事がとても大事になってきます。

 

学校検診とSNS Dr高峰

こんにちは、高峰です。明日から暑くなるようです、年齢と共に夏嫌いな私には酷な季節がやってきます。

ここ2週間、小学校の歯科検診に行ってきたのですが、相対的にみて昔より虫歯の子の割合は少なくなってきていると思います。ただ、虫歯が無い子は全くないのですが、ある子はかなりいっぱいあるという感じがします。

また、矯正をしている子が増えているのも間違いないです。少子化により、子供に集中してお金を投資するというケースも多くなってきているのでしょう。

また校長先生と話していて、インターネット、SNSの普及により凄くやりずらいケースも増えているという話もされていました。昨今私もそのことを痛感していたので、世の中はここ数年ネットを通じて激変してきていますね。

そんな私も、フェイスブック以外のSNSは一通りやってますが、人を傷つけたり、炎上にのっかったりなどという事はしないよう注意をはらっています。

顔が見えないと言っても、相手の立場に寄り添う気持ちが大切ですね。

 

Dr小須賀自己紹介 Dr小須賀

 

はじめまして。スマイルデンタルクリニックで働かせていただいてる歯科医師の小須賀駿といいます。出身は栃木県ですが、高峰先生、上村先生、小川先生と同様に九州歯科大学を卒業致しました。

高峰先生は大学のサッカー部の先輩・OBになります。その縁もあり、高峰先生の人柄に惹かれてスマイルデンタルクリニックに勤めさせていただくことになりました。

まだまだ拙いところもありますが、これからたくさんのことを学ばせていただき、患者様のことを親身に考えて診療していきたいと思います。

小学校時代

昔から外で遊ぶことが多い子供でした。小学校3年の頃にサッカー部に入部し、地域の選抜チームやクラブチームに入れていただき、毎日サッカーをしていてとても楽しい日々でした。

私には兄がひとりいまして、いつも兄の真似ばかりしてたように思います。そんな兄の影響もあり、ピアノや水泳を習わせてもらい、ピアノは今でも趣味でたまに弾いています。いろいろさせてくれた両親に感謝しています。

中学時代

中学でもサッカー部に入部し、部長をさせていいただきました。リーダーシップをとったり、チームをひとつにすることの大変さを感じましたが、今ではいい経験になったと思っております。

幼稚園から中学までの一貫学校でしたので、まわりの友人とは皆とても仲良く、本当に楽しい中学時代でした。

高校時代

栃木県の県立の男子校に進学しました。このころに、歯科医師になりたいと強く思うようになり塾に通う毎日でした。そこで、他校に通う友人とも仲良くなり、今でもみんなで集まったりします。とても友人に恵まれた環境で、自分にとても刺激を与えてくれたおかげで歯科大学に進学できたと思っています。

大学時代

福岡県の九州歯科大学に入学し、どんな大学生活になるのだろうかとワクワクしてた時のことをついこの間のように思えます。

大学でもサッカー部に入部しました。平日は週3回、土日は試合。練習終わりに10キロ走っていた時シーズンも、、、。九州圏内はもちろん、大阪や東京にも遠征に行き、部員たちとは苦楽を共にしてきました。さらに、大学では縦のつながりがとても強いため、様々な人に出会えていろいろ鍛えられたと思います。

勉学に関しては、前々から興味のある歯科分野であったため、楽しかったです。おかげで、国家試験にも一発で通ることができ、より一層知識を深めてより良い歯科医師になりたいと思うようになりました。

スマイルデンタルクリニック

現在は福岡から千葉に来まして、スマイルデンタルクリニックで働かせていただいてます。診療のことはもちろん、ドクターやスタッフさんのあらゆる面でのレベルの高さに驚いてます。スタッフさんもとても親切で恵まれた環境で充実した日々を送らせていただいてます。

患者様のことを第一に考え、寄り添って診療できるよう努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

オーラルフレイル Dr小川

こんにちは、小川です。ついに東京オリンピックのチケット抽選申し込みが始まりましたね。なにかの競技を生で見てみたいなと思っています。

では、本日はオーラルフレイルについてお話します。オーラルフレイルとは口腔機能の軽度な低下や食の偏りなどを含み、身体の衰えの一つです。簡単にいいますと、口を介した体の衰えのことです。オーラルフレイルの始まりは、活舌低下、食べこぼし、わずかなむせ、噛めない食べ物が増える等ほんの些細な症状であり、気づきにくい特徴があるため注意が必要です。

口は大きく分けて2つ役割があります。一つ目が、食べ物を噛んで飲み込む栄養摂取の入り口。二つ目が、会話を行うコミュニケーションの窓口です。オーラルフレイルはこの2つに大きく関わり、日常生活のQOLにも影響を与えますので、みなさんもお気を付けください。

 

 

 

 

COPD Dr上村

こんにちは、上村です。だいぶ暖かくなって来ましたね。いよいよ平成も終わり令和になると思うと不思議な感じがします。

さて、タイトルにも書いたCOPDなんですが、COPDとは(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)の略で、慢性閉塞性肺疾患の事です。いわゆる肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれてきた病気の総称です。COPD発症の要因は喫煙を主とする有害物質の長期吸入とされていますが、非喫煙者でも発症します。最近の研究でCOPDと歯周病が深く関連する事がわかりました。歯周病が重度な人は、歯肉が健康な人や軽度な歯周病の人に比べCOPD発症率が3.5倍も高いとの事です。

禁煙だけでなく、歯周病の治療を含め、口の中の健康を保つ事が大事ですね。

 

 

 

新人ドクター、衛生士、助手 Dr高峰

こんにちは、高峰です。4月に入って肌寒い日が続きましたが、いよいよ暖かく感じられますね。

当院でも4月より新人ドクターが入りました。名前は小須賀駿先生で、同じ母校の九州歯科大学でなんと同じ部活のサッカー部出身なんです。直々の後輩ですから、しっかり鍛えていきたいと思います。

また、2月から新しい歯科衛生士と4月から高校を出たばかりの歯科助手も入社しておりとても期待しています。大所帯となってきましたが、より良い治療を提供できるよう努力を惜しまず邁進します。

我が長男も入学式も終わり、大学生活が始まりました。本当はサッカー好きなんですが、激しい運動をすると十字靭帯がゆるんでいて膝の皿が抜けてしまう状況でランニングもままなりません。どうやら弓道部に入るようなので、しっかりやり遂げてほしいと願っています。

 

 

バイタルサインについて Dr小川

こんにちは、小川です。花粉症に悩まされている日々ですが、みなさんお元気でしょうか。

さて今日はバイタルサインについてお話します。歯科治療中に、緊急状態が発生した場合には、症状の状態を把握する事が第一となります。バイタルサインとは、人間が生きている状態を示す兆候あるいは所見のことで、一般に、意識、脈拍、血圧、呼吸、体温の5つです。

最近は家庭用の自動血圧計も普及しているので、診療所でも簡単に測定することが出来ます。血圧が低下した場合には、神経原性ショックやアナフィラキシーショックの可能性なども考えられるので、特に注意が必要です。診療中になにか異変が起こったときは、気軽にスタッフさんに声をかけて伝えるのがいいですね。

 

 

麻酔の効きにくい部位について Dr上村

こんにちは、上村です。新年度になり、また新元号も決まりリフレッシュした気持ちになりますね。引き続き診療頑張って参ります。

さて、今日は麻酔についてなのですが、歯科における局所麻酔は、歯肉に注射し麻酔薬が骨の内部に浸透し、歯根の周りから歯の内部の神経に伝わる事によって麻酔が効きます。この時、骨にかなり厚みがあると麻酔が効きにくいです。下あごの奥歯は骨が最も硬く密度も高いので、一般的に麻酔が効きにくい部位となります。

あとは歯肉、歯の神経、骨などに炎症があっても麻酔が効きにくくなります。麻酔薬は弱塩基性なので酸性が強い部位では効きにくくなります。炎症がある部位は組織が酸性に傾くので麻酔が効きにくくなるのですね。

 

 

ゴールデンウィークについて Dr高峰

こんにちは、高峰です。いよいよ4月、当院も新人Dr、スタッフが加わります。詳しくはまた後日お話ししますね。

さて、今年のゴールデンウィークは10連休などと巷では盛り上がって(?)いますが、仕事の人も多いですよね。医療系はなかなか連続では休めないところが多いと思います。夏休み短くしてここで休むという話も聞きますが、暑い中それも大変ですね。

当院は、土曜日は診療日なので4月28日(日)~5月6日(月)のうち4月30日(火)と5月2日(木)はスタッフを2分割して診療をいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

10連休したら、いろいろな意味で大変です。サラリーマンではないですからね。

手用スケーラーについて Dr小川

こんにちは、小川です。まもなく新年度ですね。新しい元号が何になるかとても気になりますね。さて、今回は歯医者さんでお口のお掃除や歯石取りに使う手用スケーラーについて書いてみたいと思います。

手用スケーラーは5つに分類されます。鎌型(シックルタイプ)、鋭匙型(キュレットタイプ)、鍬型(ホウタイプ)、やすり型(ファイルタイプ)、のみ型(チゼルタイプ)があります。このうち最もよく使われるのはキュレットタイプのスケーラーと言われています。なぜかというと、歯肉縁下の歯石除去や悪くなった歯の根っこ部分の表面をつるつるにするのに適してるからです。

このキュレットタイプのスケーラーは5種類あり、歯の各部位の根っこの形に合うように作られています。そのため、周りの歯ぐきなどをなるべく傷つけない様に設計してあります。お掃除したい部位に合わせて5種類の形が違うスケーラーを使ってしっかり歯石などをとっていきます。歯ぐきの隙間に器具を入れるので、場合によっては麻酔をした後にスケーリングすることもあります。歯ぐきの中にこびりついた歯石をとりたい方は、ぜひお話しください。

舌痛症について Dr上村

こんにちは、上村です。今年度ももうすぐ終わりですね。そして平成もあと1か月半で終わりと思うと、なんだか不思議な感じです。

さて、タイトルにも書いたのですが、今日は舌痛症についてです。舌痛症とは、舌の先端や側縁にヒリヒリとした持続的な痛みを感じるが、舌に器質的異常が認められないものを言います。つまり舌は正常なのにも関わらずヒリヒリとした痛みがあるというものです。不安やストレスと関連して発症する事が多く、高齢者で特に女性の方に発症が多いと言われています。そして何かに熱中している時や食事中には痛みを感じないのが大きな特徴です。

治療としては脳の興奮を抑えるために三環系抗うつ薬などを服用する事もありますが、器質的な異常は無いので痛みから注意をそらす事や悲観的にならない事が大事になってきます。

 

 

 

こんなにうれしい事はない Dr高峰

こんにちは、高峰です。花粉が辛い時期に来ましたね、早く終わってほしいものです。

本日国公立大学の合格発表があり、我が長男が私と同じ九州歯科大学に合格しました。ある程度の手ごたえはあったのですが、発表があるまではドキドキでした。

色々あった高校から浪人時代でしたが、楽しい学生生活を送ってほしいと心から願っています。

なにはともあれほっとしました。下二人にもこれから頑張って欲しいものです。

6歳臼歯について Dr小川

こんにちは、小川です。花粉が飛び始めましたね。僕も花粉症対策の薬を飲み始めました。それでもつらい花粉症、まったく困ったものですね。

さて、今日は6歳臼歯についてお話します。なぜ6歳臼歯は子供の歯から大人の歯に生え変わる初期で生えてくるのでしょうか。

6歳臼歯は正式には第一大臼歯と呼ばれます。この第一大臼歯は一番奥に生えている乳歯の後ろに生えます。つまり乳歯が抜けてから生え変わる永久歯ではなく、前歯が抜け始めるあたりで自然と生えてくる歯になります。この時期に第一大臼歯が生えて第一大臼歯同士のかみ合わせがある程度安定すると、その後数年かけて乳歯からその乳歯に該当する永久歯が生え変わるときに、かみ合わせが狂いにくくなります。この目的のために第一大臼歯は6歳ころに生えてくると考えられています。なので第一大臼歯は生え始めたらしっかり歯磨きをして、虫歯にならないようにすることがとても大事なんです。小学生のみなさんは歯磨きを大切にしてくださいね。

舌がん Dr上村

こんにちは、上村です。数日前までは千葉でも雪がかなり降っていましたが、そろそろ暖かくなるみたいですね。体調には気を付けていきましょう。

それにしても堀ちえみさんの舌癌のニュース、びっくりしましたね。リンパ節転移となると舌の切除だけでなく頸部郭清術や再建など大手術が必要になると思います、本当に頑張って欲しいです。

なかなか治らない口内炎は本当に注意が必要です。少しでも怪しい場合は当院でも大学病院等、口腔外科の専門の先生に紹介させて頂いてます。舌癌の中には、早い段階から頸部リンパ節に転移して急速に進行するたちの悪いタイプのものがあるのが特徴で、十分な注意が必要です。口腔がんは自分で口の中を見てセルフチェックしやすい場所です。早期発見が決め手ですから、気になる症状や病変があればいつでも気軽にご相談下さい。

京都~8029 Dr高峰

こんにちは、高峰です。今月末から暖かくなるとのこと、いよいよ花粉のシーズンですね。

この連休、大学の同期の30周年が京都で行われ行ってきました。嵐山、伏見稲荷などまわったのですがあまりの外国人の多さにびっくりでした。

50数人の同期が集まり、本当に楽しい宴会だったのですが、京都の宮川町の芸妓さん、舞妓さんを呼んでとても華やかな会となりました。

舞妓さんは、中学卒業後15歳で置き屋に入り20歳まで給料もなしで、携帯を持つことも無く芸に励み、芸妓になってはじめて一人で住み、お給金がでるようです。話していてそのしっかりしたたたずまいに、感動するばかりでした。

その後、場所を移して一生に一度の思い出にとお座敷遊びをしてきましたが、本当に楽しみました。35周年は熊本でとのことなので楽しみにしたいと思います。

さて話はかわり、今まで8020運動(80歳で20本自分の歯を)というスローガンが掲げられていましたが、今後は8029運動となるようです。その意味は、80歳でしっかり肉を食べようとのこと、なかなかいいですね。

顔面神経麻痺 Dr小川

こんにちは、小川です。先日の土曜日日曜日は歯科医師国家試験がありました。後輩たちにメッセージを送りつつ、陰ながら応援いたしました。さて今日は顔面神経麻痺についてお話をしていきます。

顔面神経麻痺は、顔の表情をつかさどる神経を顔面神経といいますが、その麻痺により顔の表情の麻痺という見た目の障害をおこすだけでなく、涙腺や唾液腺の分泌障害、味覚低下などもおこります。

具体的な症状としては、額のしわが消え、皺を寄せようとしてもできない、瞼を閉じようとすると白目の部分がみえるようになる、上瞼がたれる、口角がたれる、よだれが垂れるなどの症状がみられます。

治療法としては、ビタミン剤、循環改善剤、副腎皮質ステロイド薬、正常神経節ブロックなどがあります。

原因は確定はしていませんが、1型ヘルペスウイルス感染の関与がいわれています。

 

似た症状がある方は、かかりつけの先生にみてもらい、必要に応じて紹介状を書いてもらいましょう。

治療における信頼関係 Dr高峰

こんにちは、高峰です。風邪が流行ってますので気を付けてくださいね。我が家も受験生をかかえ落ち着かない日々が続いています。

歯周病流れでひとつ。歯周ポケットの大きな患者さんにはSRPという歯肉縁下の歯石を除去するとともに、歯の根面を滑沢にして進行を防ぐ治療を行います。

おもに歯科衛生士の業務となるのですが、患者さんへの説明や信頼関係が不足していると、治療後歯がしみて困る・前より歯がグラグラする・出血が多くその後腫れてしまったなどの苦情がある場合があります。

良かれと思って施術したことが、逆効果になってしまうのです。それを防ぐ意味でも起こりうる症状についての説明、またその患者さんと信頼関係を築くことはとても重要です。

また前回上村先生がお話しした歯周内科療法も菌血症を防ぐ意味でも効果的です。

歯周病について Dr上村

こんにちは、上村です。インフルエンザが大流行していますね。手洗い、うがいを忘れずに行ってしっかり予防する事が大切ですね。

さて、前回のブログでも歯周病について触れているので、今回も歯周病について書きたいと思います。

スケーリングやSRPでプラーク除去、歯石の除去を行い歯周組織の改善を目指すのが歯周基本治療です。

それも勿論大切なのですが、歯周病は細菌類の感染症であるという認識の下に、菌剤と抗真菌剤を用いて歯周病の原因である細菌や真菌を除菌し、口腔内の歯周病病原性の無い正常菌叢の獲得を目的とした治療もあります。

位相差顕微鏡を用いて、口腔内の歯周病の原因となる細菌や真菌を特定し、それれの微生物に感受性のある薬剤を選択し改善するという、歯周病を内科的に治療する方法です。

当院でも行っていますので、気になられた方は気軽にお尋ねください。

歯周病 Dr小川

こんにちは、小川です。今月は歯周病についてまとめました。院内勉強会で使用したものをそのまま載せたので、読みづらいと思いますが許していただけたらと思います。

炎症と炎症に伴う組織破壊が歯肉に限局したものを歯肉炎という。

炎症が歯槽骨や歯根膜にも波及し、歯槽骨の吸収や歯根膜の破壊を示すものを歯周炎という。

歯肉とは、歯肉辺縁から根尖測の歯肉歯槽粘膜境までのことである。そして歯肉は2種類にわかれる。遊離歯肉と付着歯肉である。

歯周ポケットには2種類ある。遊離歯肉が炎症性に腫大することによって相対的に歯肉溝が深化したものを仮性ポケットという。仮性ポケットに対して真性ポケットという言葉がある。歯周炎では、歯槽骨や歯根膜の破壊による結合組織性付着の消失により、接合上皮が根面に沿って深行増殖する。このことによりできた病的ポケットを真性ポケットという。

歯肉の表層は上皮に覆われている。付着様式は2種類ある。上皮性付着と結合組織性付着である。上皮性付着は接合上皮と歯との付着様式である。上皮と歯面がヘミデスモゾーム結合している。歯周炎に罹患して生じたポケットに面した根面には歯周治療によって、接合上皮が再構築され、再付着が起こる。一方、結合組織性付着は歯肉繊維や歯根膜繊維による線維性の付着のことである。

歯周ポケット掻把やフラップ手術後の創傷治癒過程では、接合組織由来細胞よりも上皮細胞の増殖スピードが速いため、上皮細胞が歯根面に沿って治癒の場に増殖侵入し、長い上皮性付着による創傷治癒が生じる。この治癒を再付着という。一方、歯周病により露出した歯根面(病的歯根面)に、新生セメント質が形成され、結合組織性付着が生じることを新付着という。再付着は再度歯周炎の進行によりはがれやすいので、目指すのは新付着のほうがよい。しかし、新付着獲得のためにはセメント芽細胞が必要であり、今の歯周病治療では再生療法でしか不可能である。

 

歯肉炎および歯周炎の発生と進行過程について~Page&Schroederの考え方~

①開始期病変(プラーク付着開始直後)

リポ多糖に代表されるプラーク細菌由来物質の刺激で、歯周組織構成細胞から産生された炎症性サイトカインなどによって接合上皮直下の歯肉結合組織内で血管拡張、浮腫、好中球遊走などの変化が始まり、歯肉には滲出液がみられる。好中球にやや遅れてマクロファージも出現する。

②早期病変(プラーク付着後8~14日)

接合上皮直下の結合組織内では、歯周組織構成細胞に加えて活性化された好中球やマクロファージがサイトカインなどを盛んに産生することによって滲出性炎が進行し、臨床的にも歯肉炎が確認できるようになる。また、接合上皮直下の領域にはT細胞が出現し、マクロファージによる抗原提示を受けて活性化される。すなわち早期病変では、自然免疫から獲得免疫への移行がみられる。

③確立期病変(プラーク付着開始後3~4週)

歯肉接合組織内にB細胞と形質細胞が多数出現し、抗体産生を行う慢性炎症巣(B細胞性病変)が形成される。接合上皮直下の領域ではプラーク刺激に対する滲出性炎が存続している。接合上皮の破壊が進み、炎症細胞浸潤の範囲はさらに拡大する。病巣内で産生されるサイトカイン、PGE2、MMPなどによって結合組織の破壊も起こる。

④進行期病変(確立期から次の進行期病変へ移行する期間は症例によって異なる)

慢性炎症が根尖側へ広がり歯根膜の破壊や歯槽骨吸収が始まり、病変は歯周炎へと移行する。歯周炎病巣で産生されるサイトカインなどは、歯根膜の破壊および歯槽骨吸収にも関与する。

SRPとは

スケーリングは、露出した歯面に付着したプラーク、歯石、その他の沈着物を機械的に除去する操作であり、通常はスケーラーを用いて行われる。さらにスケーリングの処置は、沈着物の付着している露出歯面の適応部位が歯肉辺縁より歯冠側であるか、根尖側かの違いから歯肉縁上と歯肉縁下に分けられ、それぞれ歯肉縁上歯石の除去を歯肉縁上スケーリング、歯肉縁下歯石の除去を歯肉縁下スケーリングと呼ぶ。

一方、ルートプレーニングは、歯石や細菌、そのほかの代謝産物が入り込んだ病的セメント質あるいは象牙質を、スケーラーを用いて取り除き、根面を滑沢化することである。露出したセメント質や象牙質の歯根面には、スケーリングによって除去できなかった歯石の小塊、または細菌やその他の代謝産物が不規則な状態で残存していることがある。さらにスケーリング操作は、歯根面に損傷を生じさせることがあり、この損傷がプラークの再付着の足場となり歯石の再形成を引き起こす結果になることがある。このような歯石の残部と病的変化を受けた露出歯根面を除去し、さらに、プラーク、歯石の再付着を防止するために歯根面の人工的な損傷を取り除き、根面を平滑、または滑沢にする手段をルートプレーニングという。

SRPのメリット

歯周組織の炎症と、臨床的な付着の改善。歯石表層に存在する細菌、もしくは内毒素の除去。(現在、内毒素の根面への浸透が10㎛以内の表層のみであると考えられている。)

SRPのデメリット

知覚過敏や歯肉退縮が偶発症として起こる可能性がある。麻酔を必要とする。痛い場合がある。

付着器官の喪失を伴う歯周病では、露出歯根面に対してプラーク、歯石、さらにグラム陰性菌の細胞壁の外層膜の構成成分である内毒素が付着し、これにより汚染された歯根面に物理的、化学的、形態的な変化が生じることが知られている。SRPでは、歯周組織の破壊の原因物質であるとともに歯周組織の治癒、または歯周組織再生の阻害因子となる露出歯根面の汚染物質を取り除くことが必要となる。従来、臨床的にスケーリング後の徹底したルートプレーニングの必要性が求められてきたが、内毒素の根面への浸透が10㎛以内の表層のみであることが報告されて以来、処置は表層にとどめ、汚染されていない深層の部分は残存させたほうがよいとの考えもある。

歯肉退縮は、機械的刺激や、炎症が落ち着くことで起こる。cf.生物学的幅径

リステリン等洗口剤も歯周病に有効といわれている。

 

新年 Dr高峰

こんにちは、高峰です。

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

当院も1月5日より診療が始まっています。今年はいい年にしていきたいと思います。

 

 

診療最終日 Dr高峰

こんにちは、高峰です。本日午前中の診療で当院も冬期休暇に入ります。新年は1月5日(土)より仕事始めとなりますので、どうぞよろしくお願いします。

午後は大掃除となり、診療には対応できませんのでご理解願います。今年後半は、あまりいいことがなく運気も下がっていた感じがするので、来年こそいい年となるよう精進したいと考えております。

どうぞ来年もまたよろしく願います。

 

 

口唇ヘルペス Dr上村

こんにちは、上村です。あっという間に今年も終わりますね。年末寒波が明日頃からやってくるという事なので、風邪引かない様に気を付けていきましょう。

さて、タイトルにも書きましたが口唇ヘルペスに悩まされている人は結構多いんじゃないでしょうか?口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルスⅠ型」というウイルスに感染して起こります。症状としては口唇にピリピリした感じや熱感、痒みを感じ数㎜程度の水疱が生じます。それが数日経つと乾いてかさぶたになり治癒していくという経過を辿っていきます。

単純ヘルペスウイルスは一度感染すると身体に住み着きます。そしてストレス、疲労、病気などで身体の抵抗力が落ちている時に再活性化して症状が出てきます。一度感染してしまったら上手く付き合っていくしかないとこが辛いとこですね。

 

 

年末にあたり Dr高峰

こんにちは、高峰です。やはり今年は暖冬の気配が濃厚ですね。当院は昨日既に忘年会を済ませました。

結婚退職などで、人事がだいぶ変わったことで歓送迎会を含め早めの忘年会でした。今年も残すところあとわずかとなってきました、何か不都合がある場合は早めの診療を心がけてくださいね。

当院は12月29日(土)の午前まで診療し、午後は大掃除で12月30日(日)~1月4日(土)まで冬期休暇となります。

我が家は受験生を2人抱え大変な日々です。また1月2日(水)に休日診療にあたり、あまりゆっくりできない感じがします。後半特に色々大変なことが続き、あまりいい年とは言えない感じでしたが、来年こそは良い年となるよう心掛けていきたいと思います。

 

仕上げ磨きについて Dr小川

こんにちは、小川です。さすがに冬という寒さになってきましたね。体調崩さないよう頑張っていきましょう。

今日は仕上げ磨きについてです。仕上げ磨きは8~9 歳ころまでは保護者がしてあげることを推奨します。仕上げ磨きの際は、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間、奥歯の噛む面の溝などを特に注意して磨いてあげましょう。6歳前後に永久歯への生え変わりが始まりますが、生え始めたばかりの永久歯は虫歯になりやすく、乳歯と永久歯が両方生えているため歯並びがガタガタしていて磨きにくい傾向があります。なのでこの時期にきちんと仕上げ磨きしてあげることで、虫歯を予防できる可能性がぐっと上がるかと思います。

とは言え、「めんどくさい」「恥ずかしい」といった理由で大きくなると仕上げ磨きを嫌がることもあります。そういうときは無理矢理仕上げ磨きをせず、お子様の成長と共に磨く曜日を決めたりして、上手くチェックしましょう。そしてお父様お母様がお子様ひとりでもしっかり磨けていると判断したら、仕上げ磨きを卒業しましょう。

 

予防の重要性 Dr上村

こんにちは、上村です。12月になり今年もあとわずかですね。そしてもうすぐ平成が終わるというのも何だか不思議な感じです。

さて、前回の院長先生のブログにも書かれていたのですが、小臼歯部に保険適用されたCADCAM冠なんですが、僕の周りの歯科医師に聞いてもやはり脱離の話が多く出ます。といっても小臼歯部は口を開けると見える部位なので金属で覆われたFMCで被せるのは嫌…という気持ちもわかります。本当はメタルボンドやジルコニアなどの丈夫なセラミックで被せるのが理想なのですが保険適用外なので費用がかかります。

そうなると結局神経を取るような大きい虫歯を作らない事が大事なので、ますます予防の必要性が増えていきます。虫歯は歯と歯の間から進行していく事が多いです。歯と歯の間は歯ブラシだけでは十分に磨くことが難しいので、フロスや歯間ブラシが非常に有効です。面倒くさいとは思いますが、1日1回はぜひ使う様にしましょう。

臼歯部の白色材料 Dr高峰

こんにちは、高峰です。秋も深まりそろそろ冬の気配でしょうか。

小臼歯部に保険適応されしばらくたつCADCAM冠ですが、やはり脱離してしまう症例が多くあまりよくありません。取れる場合は立て続けに取れ、昔使っていたレジンジャケット冠のほうが取れないという意味では優位かもしれません。

ただ割れたりすることはあまりないので、かみ合わせの高さが取れる場合はCADCAM冠でも有効かもしれません。こんな状況ですから場合によって可能な6番への適応ですが、とても使用する気にはなりません。適合という意味でもかなり落ちますからね。

また、保険適応ではありませんが、臼歯部の白い詰め物にあたるE-MAXもやはり破折の可能性を含んでおり、大臼歯部へはあまり使えないかと感じています。(小臼歯なら大丈夫なことが多いですが)

一番強度の高いジルコニアインレーを当院では大臼歯部で使用していますが、審美性という意味では白っぽく、E-MAXよりやや落ちます。また強度や調整のためには削除量が大きくなるのがやや弱点でしょうか。

透明感のある、白い金属があればベストなのですが。

3歳からの歯磨き Dr小川

こんにちは、小川です。どこかのタイミングで紅葉を見に行きたいと思っています。みなさんは見に行かれたでしょうか。

さて、今日は3歳からの歯磨きというテーマでお話しします。3歳ころまでには乳歯が生えそろってきます。そのタイミングで自分で磨くように促してあげましょう。まずはお父さんお母さんと一緒に楽しみながら磨く習慣をつけるところから始めていきましょう。次のステップとして徐々に自分できれいに磨けるように導いてあげましょう。この際、お子様に怒って指導するのは逆効果です。少しでも上手にできたらほめてあげてください。また、歩きながら歯ブラシを持つのはなにかの拍子に喉の奥をついてしまう恐れがありますので注意しましょう。

歯磨き粉は、お子様が一人で口をすすげるようになってから使いましょう。歯ブラシの先端に3mmほどのせて使用してください。

次回は仕上げ磨きについてお話します。

妊婦の歯科治療 Dr上村

こんにちは、上村です。最近めっきり寒くなってきましたね。体調に気を付けていきましょう。

先日、院長先生のブログで妊婦加算について話がありましたが、歯科においても妊娠中の治療については色々と考えなければいけない事があります。妊娠中に投与できる抗菌薬や鎮痛剤は種類が限られているのでしっかり考慮せねばいけません。また妊娠中は虫歯や歯周病になるリスクが増加します。ホルモンバランスの影響で唾液が減少し虫歯になりやすくなったり、妊娠性歯周炎といって歯肉も腫れやすくなります。

あと、妊婦に歯科の局所麻酔は大丈夫か?と良く聞かれる事があります。まず歯科で使用する局所麻酔薬で、妊娠中に使用した事によって奇形が生じた等の報告は一切ありません。それでも器官形成期である妊娠12週までは麻酔に限らず一切の薬剤の投与を避けた方が良いとされています。

ただそれでも、大きな虫歯が痛みだしたり、親知らずが腫れて痛み出したりなんて事は妊娠中に起こりえます。痛みによるストレスの方が母体によっぽど良くないですから、きちんと麻酔して処置をしていきます。

 

妊婦加算 Dr高峰

こんにちは、高峰です。今年は去年と違い暖冬とのこと、過ごしやすい冬になるのでしょうか?

昨日、朝の情報番組を見ていると保険点数の「妊婦加算」なるものについて特集していました。妊婦には保険点数を上乗せするというものです。

これは寝耳に水で、なんと歯科治療にはないんですね。「妊婦加算」が必要かどうかもわかりませんが、なぜ歯科ではそのような話すら出ないのかというのが不思議でなりません。

昔から言われている様に、医師会と歯科医師会ではもってる権力が全く違っていて、歯科医師はいつも冷や水をくらわされています。妊婦さんで言えば歯科治療の方が痛ければたとえ妊娠中でもリスクを冒し治療せねばなりませんからね。

ま~こんなことを言っても、その点数が本当に必要かどうかは今までも加算なしでやっていたのでわかりませんが、周知されてないというのははなはな問題だと思います。

当院も何とかペーパーレスが軌道に乗ってきました。

 

食後の歯磨きについて Dr小川

こんにちは、小川です。先日横浜マラソンに参加してきました。初フルマラソンでしたが、とても良い経験になりました。さて、今日は「歯磨きは食後何分後がいいの?」というテーマでお話します。

歯磨きの目的は歯垢の除去、言い換えると酸を産生する細菌を除去するとともにその原料となる糖質を除去することです。歯磨きをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解されて酸が産生されます。そうすると歯が溶けていく脱灰が始まります。

このような原理を考えると、食事をしたら早めに歯磨きをして、歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことが大切ということになりますね。

また口腔内の細菌が最も増えやすい時間帯は、唾液が減少する睡眠中です。なので寝る前に口腔内の細菌を減らすために歯磨きをし、起きた後増えた細菌を減らすために歯磨きをする。これもまた大切なこととなります。

小さなお子様の場合は、まずは歯磨きの習慣をつけることから始めていきたいですね。

 

人手不足 Dr高峰

こんにちは、高峰です。いよいよ秋といった感じで気候的には最適な日々が続きますね。

そんな中、当院では長年勤めてくれたスタッフが結婚のため、また期待の歯科衛生士が転居のため年内で退職することになりました。2人というのはなかなか大変で募集をかけはじめたのですが、いい反応があまりありません。

今朝衝撃的な記事を見ました、少しここに載せますね。

2030年の人手不足数は644万人と17年実績の121万人から5.3倍に拡大し、人手不足が一段と深刻化するという。産業別で見ると、サービス産業は2101万人の需要に対し供給は1701万人で400万人の不足、医療・福祉も187万人の不足となり、他産業よりも深刻化する。一方、金融・保険・不動産は30万人の余剰になるほか、現在は人手不足が深刻な建設も99万人の余剰になると分析した。」

いったいこれから日本の産業はどうなっていくのでしょうか?歯科衛生士の数は明らかに国の不政策のため激減しており、なおさら上記のような人手不足が続けば医療も成り立っていかなくなるのではないでしょうか?

色々な事を考え早め早めに手を打っていかなければなりませんね。

 

知覚過敏 Dr上村

こんにちは、上村です。日が暮れるのが早くなってきましたね。もう秋本番といった感じです。

さて最近、相談をよく受けるのが虫歯が無いのに歯がしみる、いわゆる知覚過敏についてです。

知覚過敏の痛みが起こる部位は、歯肉が下がり象牙質が露出した歯の根の部分(歯根部)です。歯の頭の部分(歯冠部)はエナメル質という組織に覆われているため、しみる事は通常ありません。(摩耗して歯がすり減っている場合は別です)

象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、歯の内部(神経や血管で構成される歯髄)に向かって象牙細管と呼ばれる細い管が通っています。歯磨きなどによる擦過、冷水、冷風などの温度刺激、甘味や酸味の強いものなどが象牙質に触れると、象牙細管内を満たしている内溶液が移動し、歯髄を直接刺激する事で痛みが生じます。

しみが強い場合は歯科医院で象牙質の表面にコーティング剤を塗布したり、コンポジットレジンなどの歯科材料を充填する事によって、症状を緩和する事が可能です。気になる方は是非お声かけ下さい。

 

 

3歳未満の子供の歯磨きについて Dr小川

こんにちは、小川です。涼しくなったり、暖かくなったりと体調を崩しやすい日が続いていますね。ばてないように頑張っていきましょう。

さて、今日は歯が生え始めの子供の歯磨きについてお話しします。子供の歯磨きは歯が歯が生えてきたら始めた方がいいです。乳歯は生後6か月から9か月頃に、前歯から生え始めます。歯の生える順番や時期には個人差はあり、下の前歯から生えることが多いですが、上から生えてくる子もいます。1歳半を過ぎても歯が生えてこないときは歯医者さんに行って確認した方がいいでしょう。

歯磨きは最初から歯ブラシでゴシゴシ磨く必要はありません。まずは歯磨きという行為に慣れるところからスタートです。1日1回、ガーゼで歯をやさしくふいてあげるといいと思います。それに慣れてきたら、徐々に赤ちゃん用の柔らかい歯ブラシに変えていきましょう。子供の口はとても敏感です。なるべく歯ぐきに刺激をあたえないようにしつつ、歯を磨くことがポイントになるかと思います。そのことを気を付けていると、子供が歯磨きを嫌がるリスクを減らせると思います。

次回は3歳の子供向けの歯磨きについて書いてみたいと思います。

 

ペーパーレス足踏み Dr高峰

こんにちは、高峰です。先日の台風による強風にはびっくりしましたし、潮水が持ち上げられてまきちらかされたようで、ガラスなどがベトベトになってしまいました。改めて威力の凄さを感じましたね。

さて、当院のペーパーレスなんですが、頓挫して現在足ふみ状態なんです。予約簿の方は活躍しているのですが、デジタルペーパーの方の毎日のデーターのやりとりに時間がかかりすぎ、7台使っているのですがそれを変更するのに2時間近くかかる有様、、、、。

こうなる予測はだいたいついていたので、レセコン会社にプレッシャーをかけ短縮するソフト作りに大急ぎで取り組んでもらっています。

スタッフも少し慣れてきた後に間があくと、やり方を忘れてしまうので、なるべく早く対応せねばなりません。

レッドコンプレックス Dr上村

こんにちは、上村です。最近雨が多くて嫌になりますね。プロ野球も雨天中止が多くて全日程消化出来るのか?なんて話もありますね。

さてタイトルに書いたレッドコンプレックスについてお話しします。お口の中には、およそ700種類以上の常在菌が存在しています。この常在菌の中で、歯周病の原因と関連の深い順にピラミッドとして模式図化して表すと、ピラミッドの一番頂点に位置する菌種群がレッドコンプレックスになります。その下層にオレンジコンプレックス、最下層にブルー、パープル、グリーン、イエローコンプレックスの常在菌軍が配置されています。つまりレッドコンプレックスに属する菌種は歯周病を引き起こす最も危険な菌種達という事になります。

レッドコンプレックスに属する菌種は具体的に3つあって、ポルフィロモナス・ジンジバリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシスです。これらの菌種を減らすことが歯周病の治療につながる訳なんですね。

歯磨きについて Dr小川

こんにちは、小川です。いきなり涼しくなりましたね。みなさん体調管理に気を付けてくださいね。

今日は歯磨きについてお話したいと思います。ポイントは2つあります。歯ブラシを歯にあてる圧と、磨き方です。順にお話しします。

まず圧についてです。歯ブラシの持ち方は、細かい動きができる鉛筆持ちが良いと言われています。ブラッシング圧が強いと、歯の表面や歯ぐきがダメージを受けたり、歯ブラシの毛先が当たらないので磨き残しが多くなったり……と良いことはありません。なので、ゴシゴシ磨いてる方は、鉛筆持ちをして、毛先で歯を磨けている感覚をつかむところから始めてみましょう。

次は歯ブラシの磨き方です。代表的な磨き方に、バス法とスクラビング法があります。バス法は、毛先を歯と歯ぐきの間に45度の角度であて、歯と歯ぐきの間に入れ込むような形で小刻みに動かし磨く方法です。スクラビング法は、毛先を歯の面に90度にあて、前後左右に細かく動かして汚れを落とす方法です。小さなお子様には難しいですが、大人はみんなされるとよい磨き方の2つです。簡単にしか説明は出来ませんでしたが、みなさんの歯磨きの意識改革のきっかけになればと思います。

 

 

 

リザーブマスター Dr高峰

こんにちは、高峰です。やっと嫌な夏が終わって秋という感じですね。今年はほんと暑かった!

当院もいよいよペーパーレスに向けて動き始めています。カルテ、APO帳、日計表などすべてをIT化する予定で最初はかなり大変そうです。しかしカルテを置くスペースもなくなってきており、やり遂げなければなりません。

アイデンスのレセプトシステムを使っており、それにソニーのデジタルペーパーなるものを組み合わせペーパーレスを目指します。なかなか最先端のシステムなんですが、まだ改良できる部分も多々あります。これはソニーさんに頑張ってもらわないといけません。

それにともないリザーブマスターという予約システムを導入しました。これでAPO表がなくなり、レセコンとの連携により色んなタスクが簡略化することが可能となりました。出費もかさみますが、将来に向けてきっとプラスになると考えました。

そんなこんなでバタバタなこの頃ですが、ここは気合でやりとげます。予約表はすでに移行を開始しており、カルテも来週の半ばより一気にデジタル化の予定です。しばらくは併用で紙カルテも用意せねばなりませんが。

 

 

喫煙と口腔 Dr上村

こんにちは、上村です。涼しくなり始めてきましたね。そろそろ秋の到来でしょうか、過ごしやすい季節で嬉しいですね。

さてタバコの煙が最初に通過する口腔は喫煙の悪影響が最初に貯留する器官になります。口腔に貯留、通過するタバコ煙による直接的影響と血液を介した間接的影響の双方が関わります。タバコ煙の影響は、歯肉や口腔粘膜の上皮の厚さやその直下の粘膜下組織に分布する血管の分布度に依存します。

喫煙直後、ニコチンの血管収縮作用にとって歯肉上皮下毛細血管網の血流量の減少、ヘモグロビン量及び酸素飽和度の低下を起こします。そして長期間の喫煙につれて、逆に炎症を起こした歯肉出血の減少をきたしてます。

そこで何が問題かというと歯周病喫煙患者において歯肉出血が少ない事は疾患の発症や進行の自覚を遅らせる事になり、気が付いたら歯がグラグラに…何て事になりかねない事です。他にもタバコの煙が口腔に及ぼす悪影響は色々あるのですが、また次にお話したいと思います。

 

 

 

歯の三大不潔域 Dr小川

こんにちは、小川です。8月もまもなく終わりますね。今日は歯の三大不潔域についてお話したいと思います。わかりやすく言うと、磨き残しができやすい部分、虫歯のできやすい場所についてのお話です。

みなさんよく聞かれることは、「歯を磨いてるのになんで虫歯ができるの?」です。その答えとしては、「磨き残しやすい場所を知らないから」だと僕は思います。

三大不潔域とは、①歯と歯ぐきの境目 ②歯と歯の間 ③奥歯の噛むところにあるの溝 この3つのことを言います。①歯と歯ぐきの境目は、歯磨き指導を受けたことがないと、歯の上側3分の2くらいまでしか歯ブラシが当たっていないことが多く、虫歯や歯周病の原因になります。②歯と歯の間は、基本的には歯同士がくっついてるため、歯ブラシだけでは磨けない部分が多いです。ではどうするかというと、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってきれいにします。③奥歯の噛むところにある溝は、皆さんが思ってる以上に深いと思います。なので溝をしっかり磨いてあげないと虫歯になってしまいます。特に第一大臼歯は6歳ころに生えてくるので、子供のうちにうまく磨けず虫歯になってしまうことも多いです。6歳ころのお子様がいらっしゃる方は仕上げ磨きをしてあげるといいでしょう。また、歯医者さんではシーラントという溝を埋める処置もあるので、シーラントをしてみるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

マウスピース(ナイトガード)の効能 Dr高峰

こんにちは、高峰です。台風が2つもやってきそうで、その後は関東で猛暑が復活とのこと、いやになりますね。秋の到来を楽しみにしたいと思います。

臨床を重ねるにつれ、咬む力の強い方、歯のすり減りの大きい方、食いしばりをよくする方には保護のため寝るときマウスピースを装着する大切さを身に染みて感じます。

鏡を見て、前歯の先がすり減っている方、奥歯の咬む面にくぼみがある方、よく詰めた銀歯が取れる方、食いしばりや咬む力が強い可能性が高いです。

自分自身の歯の保護や人工的に入れた補綴物の寿命も大きく違ってくるので、絶対に装着した方がプラスです。本来、歯というものはリラックスしている状態では上下に1,2ミリくらいの隙間があって触れていてはいけないのです。常に同じとこでカリカリしていたりすると、原因不明の痛みを誘発することすらあります。

今一度自分自身確認してみて下さいね。

 

 

 

 

夏休み Dr高峰

こんにちは、高峰です。ただいま夏休み真っ最中です。

当院は16日(木)まで夏休みとなります。17日(金)より通常通りの診療となります。

現在、ペーパレスに向けて奮闘中です。予約表も電子化しようかと悩み中です。

 

 

 

歯を削る器具 Dr上村

こんにちは、上村です。明日からいよいよ8月ですね。7月でもこれだけ暑かったのに8月はどれだけ暑くなるんでしょうかね。熱中症に皆さん気を付けましょう。

さて、この世で最も硬い鉱物はなんでしょうか?そうですね、ダイヤモンドです。我々歯科医師が歯を削るときにも、このダイヤモンドを使っているのです。これは歯の表面を覆っているエナメル質がダイヤモンドに近い硬さだからです。

歯医者に行くとキーンという音が聞こえてきますね。これはエアタービン(圧搾空気の力で、羽を高速回転させる切削機械)の音です。エアタービンは1分間に30万から50万回も回転します。なのであのようなキーンという高い音が出ます。回転する羽に取り付ける刃先の先端にダイヤモンドの粉末がつけられています。高速で削ると熱が発生するので水が出るようになっています。

エアタービンは非常に精密な機器ですので消毒が大変です。きちんとした滅菌機器が必要なのですが、当院ではタービンは患者さん一人一人必ず交換滅菌していますので御安心ください。

 

 

 

TCHの習慣化 Dr小川

こんにちは、小川です。最近は猛暑が続き、大変でしたね。今日はTCHの習慣化というテーマでお話していこうと思います。

TCHの患者さんから「親から、口を開けているとだらしなく見えるので口を閉じなさい、と指導されていた」、「口を閉じているときは歯も当たっているものだと思っていた」という声がよく聞かれます。普通の人は口を閉じていても、上下の歯の間には2~3mmの隙間があります。これを安静位空隙と呼びます。また安静位空隙を保っているときは、咀嚼に関わる筋肉(咀嚼筋)は安静状態にあります。上下の歯が接触すると、軽い接触でも咀嚼筋は安静状態ではなくなります。そのため上下の歯の接触時間が長くなると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えてきます。では、TCHはどうやって習慣化されていくのでしょうか。ひとつの例としては、子供のころから親から「口を閉じなさい」と指導され、小学校や中学校で勉強や受験のストレスが増え、さらにパソコンや携帯電話、スマートフォンの使用中に歯が当たってしまっている。やがて仕事によるストレスの増加に伴い、習慣化されていくのではないかと予想されています。TCHは意識することで改善する事ができます。今度は改善の仕方について書いてみたいと思います。

 

 

 

歯ごたえについて Dr上村

こんにちは、上村です。最近かなり暑くなってきましたね。この前の日曜日にZOZOマリンに野球を見に行ったのですが、かなり日焼けをしてしまいました。腕や顔が真っ赤になって恥ずかしい限りです笑。

さて、我々は食事をする時に味覚はもちろんですが歯ごたえも楽しむ事がありますよね。全てがチューブ状の食事だったらどんなに美味しくても味気ないものです。歯ざわりとか歯ごたえという感覚は、歯の感覚と咀嚼筋の感覚から成り立っています。

この場合の歯の感覚は虫歯の痛みなどとは別のものです。歯ごたえなどの感覚は歯根の周りを覆っている歯根膜のセンサーによって感じます。

また咀嚼筋の感覚とは、顎を動かす筋肉の中にある筋紡錘が感じる感覚の事です。食べ物の歯ごたえはこの二つの機能によって感じるのですが、入れ歯で歯がない場合は入れ歯を支える歯肉が歯根膜の代わりをするので感度が相当悪くなります。

やはり歯が健康である事はとても大切ですね。

 

 

 

TCHについて Dr小川

こんにちは、小川です。ワールドカップは盛り上がりますね。ついに準々決勝の試合まできました。日本は惜しくも負けてしまいましたが、とても感動的で、選手一人一人が輝いていました。僕も頑張ろうと思いました。

今回はTCHについてです。「そもそもTCHってなに?」という声が聞こえてきそうなので、まずはTCHについて説明します。TCHとは、2000年に木野孔司先生と杉崎正志先生によって名づけられました。「tooth contacting habit」の略で、日本語では「上下歯列接触癖」と言います。

人間は通常、咀嚼や会話、嚥下などのときに歯が瞬間的に触れ合うだけです。歯の接触時間は合計しても1日にわずか17分30秒という文献があります。つまり1日の大半は歯と歯が接触していないのです。しかし、パソコンに向かって仕事をしたり、スマートフォンや携帯電話をいじったり、家事や勉強、読書、テレビを観ていたりと、何かに集中していると、無意識のうちに歯と歯をコツンと接触させてしまうことがあります。無意識ですから、当然、本人は気づきませんし、それが悪いことであるという認識がなければ、ずっと続いてしまいます。この状態がTCH

です。長くなってしまいますので、今回はここまでとします。

 

 

歯磨き後のうがいについて Dr上村

こんにちは、上村です。先日のワールドカップ、コロンビア戦は凄い盛り上がりましたね。次のセネガル戦も楽しみですね。24時キックオフですがしっかり観戦したいと思います。

さて、虫歯にならない様にするためには食後の歯磨きがとても重要なんですが、歯磨きのあとのうがいは1回でいいなんて話を聞いたことはありませんか?

虫歯はお口の中にあるミュータンス菌が糖を食べて酸を作り、これによって歯の成分であるハイドロキシアパタイトが溶ける事によって起こります。

初期の虫歯では溶けたハイドロキシアパタイトが歯に戻る再石灰化という現象が起こります。そしてフッ化物を含むハイドロキシアパタイトは再石灰化を起こしやすく、より丈夫になり歯の表面が強いアパタイトに置き換わって虫歯になりにくくなるのです。つまり再石灰時にお口の中にフッ化物がある事が重要です。なのでフッ化物配合の歯磨き粉が良いのですね。

歯磨きの後に何回もうがいをすると歯磨き粉に含まれるフッ化物が流れてしまいます。だから歯磨きの後のうがいは1回でいいと言われているんですね。

 

 

 

歯の形態にも人種差がある? Dr小川

こんにちは、小川です。ついに梅雨入りし始めましたね。雨にも負けず、頑張っていきましょう。

今日のテーマは歯の形態についてです。人種により体型に差があるように、歯の形態にも人種による違いがあると考えられています。ある論文の結果では、日本人とトルコ人の差はあまりないように見られますが、一般に欧米人の歯根の方が細く長いと言われています。なので、外国で歯科治療に使用する器具や手技が、そのまま日本人に当てはめることができるかはよく判断してからでないといけません。

その点、歯の形態に関して中国や韓国、台湾から出されている近年の報告は、同じアジアとして参考にしやすいと思われます。一般的に、歯は親知らずを含めて上下合わせて32本あります。その一本一本の歯は人によって違うことも多々あります。そういう時に対応できるように、各国のデータからこういうパターンもあるのだなと知っておくことが大切になります。

 

 

 

加齢的な不快症状 Dr高峰

こんにちは、高峰です。最近やや疲れ気味ですが体調をととのえ頑張りたいと思います。

治療をしてて、年齢とともに増えてくる症状について考えてみました。よくあるのは、第一に舌の異変です。舌がピリピリする、舌の辺縁が痛い、よく見ると横にできものがあるなどなど。実は私も最近感じています。

原因としては、一つは若かりし日にくらべサラサラした唾液の減少や、口腔内の乾燥。もう一つは更年期等におけるホルモンバランスの変化かなと。患者さんにはなかなか解決が難しいんですよと話しますが、いざ自分が感じるとなかなかに憂鬱なものです。

たぶん私の場合どうも寝てるときに噛みしめて、舌の端を少し噛んでるのではという気がします。こんどナイトガードでも作ってみようかと。

ナイトガードですが、臨床を踏むにつれ、その大切さを認識し、最近では患者さんに多くすすめています。噛む力のコントロールは、年齢と共に自分の歯を守るという意味で大きな意義があります。ただそれだけど、不快症状が消えたり、詰め物が取れにくくなったり、歯がしみにくくなったりと。

ただやはり異和感はあるので慣れるまでは少し大変だと思います。自身で試してみなくてはなりませんね。

似顔絵名刺 Dr高峰

こんにちは、高峰です。ここから梅雨模様になるようです、じめじめしていやですね。

新しい小川先生の似顔絵名刺ができましたので、載せますね。なかなかの傑作だと思います。

彼もレベルアップのため、毎日本を読み、診療後練習し努力を続けています。私と上村先生も翌日の診療に向けた準備を整え、彼の成長を見届けています。

私たち歯科医は常に患者さんという人間と向き合っていかなくてはならず、その治療に対して最善を尽くさないことは失礼にあたります。

彼もそれをしっかり認識して当院に貢献できるよう頑張っています。

歯の痛み Dr上村

こんにちは、上村です。過ごしやすい気温の日が続いてますね。ただ、夜と昼で気温の差がだいぶ違いますから体調を崩さない様に気を付けていきましょう。

さて、歯が痛くなって歯科医院に行くという事は良くある事ですが、どの歯が痛いか分からない事ってありませんか?前歯はまだしも奥歯にいく程どの歯が痛いのかはっきりしない事が良くあります。

さらに上下どっちが痛いかさえも分からなくなる事もあります。下の奥歯に大きな虫歯があって上の歯も痛く感じる事や、その逆も良く起こりうる事です。

上の歯の痛みは、顔面の運動、知覚をつかさどる脳神経である三叉神経の第2枝によって伝えられます。下の歯の痛みは同じく三叉神経の第3枝によって伝えられます。同じ神経から伝達されるので、どちらが痛いのか正確に判別出来なくなるのは無理もない話です。

なので、どの歯が痛みの原因なのかレントゲン等で的確に診断する事が歯科医師には求められます。

小川玲央先生の自己紹介 Dr小川

はじめまして。スマイルデンタルクリニックに勤めている小川玲央です。

院長の高峰先生や上村先生と同じ九州歯科大学出身です。上村先生とは大学時代からの知り合いです。

就職理由は、患者様を第一に考え、日々研鑽を積まれているスマイルデンタルクリニック高峰先生の下で是非学びたいと思ったからです。

 

簡単に生い立ちを説明いたします。私がどんな人なのか知っていただければと思います。

 

小学生時代

神奈川県で育ちました。「全身運動である水泳は体を動かすのにちょうどいいからやってみたら?」という両親の勧めからスイミングスクールに通っていました。サッカーがやりたいなと思いつつも、気付いたらしっかりスイミングスクールに通っている自分がいました。ひとつひとつ型を覚えて泳げるようになっていくのが楽しかったという思い出があります。健康体づくりができて、今では両親にとても感謝しています。

 

中学高校生時代

中学高校生時代は、神奈川県の中高一貫校に入学しました。部活動は父の影響もあり、囲碁将棋部に所属していました。囲碁を中心にしていたのですが、対局時は集中力が必要なゲームです。相手がどう打ってくるかいろいろと考えるので、思考力が鍛えられました。また、盤面全体を見ながら打っていくので、視野を広げる練習にもなりました。年齢を超えて楽しめるゲームなので、とてもよい趣味に出会えたなと思っています。

 

大学生時代

大学生時代は、福岡県の九州歯科大学に入学しました。部活動は軽音楽部に所属し、ドラムを担当していました。体育会系のノリが強い部で、先輩から厳しく指導を受けながらも遊ぶときにはしっかり遊び、部活の仲間は家族のような存在でした。副部長を任されたときは部活をまとめていく学年になったんだなと思いつつ、先輩から学んだことを後輩に受け継げるように頑張りました。九州歯科大学は2つの学科しかない大学で、非常にコンパクトにまとまっています。だからこそ先輩も後輩も関係なくみんな仲がいいです。たくさんの人と出会い、みんないっぱい話すので、人間性を磨くのにとてもいい環境でした。

 

研修医時代

国家試験合格後の一年間の研修は、母校である九州歯科大学の義歯科にお世話になりました。指導医の有田先生の下で、入れ歯を中心に歯科診療に携わりました。有田先生の指導は「わからないことがあっても、一度自分でしっかり勉強する」というスタイルでした。その経験から「能動的に学び、客観的に物事を判断する」という考え方が私の軸となり、今の歯科医師としての日々の学びにとても影響を与えています。

 

 就職

九州から関東へと戻り、一人暮らしをしながらスマイルデンタルクリニックで働いています。私は、プロ意識の高いスタッフのみなさんと共に、患者様の抱えるお口の中の悩みを解決するため、日々研鑽を積んでいます。

診療後は、診療技術のレベルアップに努めています。歯科の勉強に終わりはないですが、大変やりがいがあるので、とても楽しく学んでいます。

 

スマイルデンタルクリニックでの日々は本当に充実したもので、スタッフの方々はみんな明るく親切です。スマイルデンタルクリニックの一員として宜しくお願いいたします。

 

局所麻酔薬の注意すべき疾患は Dr小川

こんにちは、小川です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。遠出される方、家でくつろがれる方様々だと思いますが、体調を崩さないよう気を付けられてください。

今回のテーマは、歯医者さんでの治療でよく使われる局所麻酔薬についてです。具体的に言うと、針を使う注射についてです。局所麻酔薬を扱う上で注意した方がいい疾患が3つあります。①心・血管系疾患です。たとえば、高血圧症、狭心症、心筋梗塞などです。つまり、血圧に関係する疾患全般が当てはまります。。②呼吸器系疾患です。治療薬として使用されているβ2刺激剤やステロイド剤と相性が良くないです。これらの薬剤を使用する代表的な疾患は、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)です。③代謝内分泌系疾患です。代表的な疾患として、糖尿病、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能低下症の3つがあげられます。なぜかというと、歯科治療時に加わるストレスによって、内科的基礎疾患が急に悪くなることがあるからです。緊張、ストレス、痛みなどは歯科治療をおこなう上で良くないものたちです。血圧を上げたり、具合を悪くしたり・・・。

みなさん、針を使う注射は好きではないですよね。当医院では、みなさんに少しでも針の注射の負担を減らせるように表面麻酔を使用しています。また、局所麻酔後の急な体調変化のも対応できるように、声をかけて確認させていただいています。気を付ければ問題ないので、みなさん安心して歯の治療に来てください。

 

 

 

 

 

新年度での人事異動について Dr高峰

こんにちは、高峰です。いよいよゴールデンウィークが近づいてきましたね。当院は暦通り、日祝はお休みで5月1日(火)、2日(水)は診療しています。

今年は受験生を2人かかえるため、遠出せず近場ですます予定です。

4月から常勤で小川玲央先生が勤務することになり、土曜日来ていただいていた、泉先生は家庭の事情で残念ながら勤務が出来なくなりました。

また、加瀬川先生には無理を言って1年間週一で休みの日手伝ってもらっていたのですが、この機会にゆっくり休めるよう計らうことにしました。たぶん、何かの機会に来ることもあるとは思うのですが。

口腔外科の山田先生は引き続き月一できてもらいます。また女医の山本先生にも月金に勤務をお願いしています。

新着情報の曜日別担当Drを更新していますのでご覧ください。

 

 

 

 

 

根尖性歯周炎 Dr上村

こんにちは、上村です。最近気温の変動が激しいですね。体調を崩しやすい季節なので気を付けていきましょう。先日ブログで副鼻腔炎についてお話しましたが、今日はその続きについて触れたいと思います。

歯が原因で起こる副鼻腔炎、いわゆる歯性上顎洞炎は歯の根尖性歯周炎が原因で起こります。根尖性歯周炎は虫歯を放置して歯の神経が死んでしまった状態に起こります。歯の神経が虫歯の菌によって感染し、それが歯の根っこの方まで感染が進み歯根の先に炎症や膿がたまった状態を根尖性歯周炎というのです。

こういった歯を治療するには歯の内部で感染した歯の神経や腐敗物、細菌の除去を行います。治療の成功率は70%くらいと言われています。神経が死んでしまった歯は免疫機構を失っているのでこれぐらいの成功率になってしまうのです。

虫歯は小さいうちに治療する事が大切なんですね。

 

 

 

 

 

はじめまして Dr小川

はじめまして。今年4月からスマイルデンタルクリニックで働かせていただくことになった小川玲央と申します。詳しい自己紹介はスタッフ紹介のところでさせていただくので、ここでは簡単に自己紹介させていただきます。

私は神奈川県出身で、高校までは神奈川県で育ちました。大学から今年3月までは福岡県にいました。大学は高峰先生や上村先生と同じ母校である九州歯科大学です。大学では軽音楽部に所属し、ドラムを担当していました。

写真右が口腔外科の山田先生で、左が私です。スタッフの方々からは兄弟みたいと言っていただいています。私も後姿の写真だと区別がつかずびっくりしました。

当院の先生方は学びに貪欲で、また思いやりを持って患者様に接していらっしゃいます。私も少しでも早く近づけるよう日々誠心誠意努力して参るので、皆様宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

新人ドクター、衛生士 Dr高峰

こんにちは、高峰です。最近暑い日が続きますが、1,2月は寒くて、3月はかなりの高温だったようで、極端な気候が続きますね。

4月に入り、新年度がスタートしました。当院でも新人ドクターと、新人衛生士がスタッフに加わり充実した日々が続いています。

新人ドクターは小川玲央先生で、私や上村先生と同じ九州歯科大学の後輩にあたります。神奈川出身でしばらく当院で常勤として治療にあたることになります。近いうちに自己紹介をしてもらいますので、よろしくお願いします。

新人衛生士は、大野さんで、なんと小さいころに当院に通院していた患者さんなんです。そんな子が勤務してくれるなんて本当にうれしい事です。去年入った衛生士さんも友達が当院の患者さんで、そのおすすめでということもあり、頑張って治療していればこんなとこで報われるのだなと感謝しています。

曜日担当も変わりますので、決定次第改変します。またドクター、衛生士のページも新しく更新していきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

副鼻腔炎 Dr上村

こんにちは、上村です。最近とても暖かくなってポカポカして気持ちいいですね。ゴールデンウイークくらいの気候じゃないでしょうか。これで花粉さえ飛んでなければ最高なのですが。

花粉に限らず鼻炎持ちの方は結構多いと思います。また風邪を引いて鼻水が止まらなくなってきて、しまいには奥歯まで痛くなってきたという経験をされた方もいるんじゃないでしょうか。それで歯科医院に行ってみたら副鼻腔炎と言われた、というのは良くある話です。

副鼻腔というのは上顎と頬と鼻に囲まれた空洞です。副鼻腔にはいくつか種類があるのですが、その中でも一番大きくて、鼻の両脇にある副鼻腔を上顎洞といいます。この上顎洞に炎症がある状態を上顎洞炎というのですが、風邪や鼻づまりなどが原因で起こる鼻性上顎洞炎と、歯が原因で起こる歯性上顎洞炎があります。歯性上顎洞炎の場合は歯科での治療の適応になります。歯性上顎洞炎は歯の根尖性歯周炎が原因で起こります。いわゆる歯の根の治療、もしくは抜歯が必要となる事もあります。鼻が原因の場合は、蓄膿症なので主に耳鼻科での治療になります。

 

 

 

保険改正説明会 Dr高峰

こんにちは、高峰です。昨日はだいぶ冷え込み寒い中4月からの保険改正の説明会に行ってきました。2年に一度改正が行われるのですが、いつも3月のギリギリに発表されあわただしく新たなシステムに突入するという、あまり準備されたものではありません。

今回はプラスといわれてますが、それほど実感できるものではないようです。一番の目玉はタービンなどの治療器具の患者さん個々での滅菌が行われているかというものです。当院ではいち早くしっかりした滅菌システムを構築していたので安心して改正に対応することができます。

最近休日もなにかと用事がありゆっくりできずに疲れています。体調を整えないといけません。

午前中には、長男の予備校の説明会に出席し、長い一年の始まりを予感しました。自分に浪人の経験がないので何とも言えませんが、長男には気合を入れなおし頑張ってほしいものです。

 

 

 

大規模災害と歯科 Dr上村

こんにちは、上村です。最近とても暖かいですね。昼間はポカポカして気持ちいいですが、夜になると冷え込みがきつい日もあるので体調管理に気を付けましょう。

さて、東日本大震災から7年が経ちましたね。あの時は僕は福岡にいたのですが、津波の映像でかなりショックを受けました。

災害による犠牲者の身元確認は歯型鑑定が大いに有効と言われています。東日本大震災の場合はDNA鑑定の約7倍の人数が歯型鑑定による身元確認で行われたそうです。

震災直後は身体的特徴や所持品で十分身元確認が出来るのですが、時間とともに顔や指紋ででは判断できないケースが増加し、変化しにくい骨から採取するDNAや歯が鑑定に使われたそうです。

ただ、DNA鑑定で身元を特定するには家に残された髪の毛などの試料が必要になるので、津波で家が流されたりしてDNA鑑定が出来ないケースが多かった様です。そこで歯型はかかりつけの歯科医院に情報が残っていて身元確認に役立ったようです。

歯科医院も紙ベースだけでなく電子媒体にカルテ情報が残してあると、こういった災害時により役に立つ事が出来る可能性があるんですね。

 

 

 

MTAセメント Dr高峰

こんにちは、高峰です。最近寒暖差が大きく体調を崩しやすいので皆さん気を付けてくださいね。

私も日曜日も何かに追われ、休みをあまりとれていない状況で疲れがたまってきました。先日の日曜日、レセコンの入れ替え作業があり、電子レセプトに移行しました。まだ間に合わない製品があり、ペーパーレスに移行するには1,2か月かかるのですが、その間に新しいシステムに慣れておきたいと思います。

今日はMTAセメントなるものの説明をしたいと思います。とても新しい材料でケイ酸カルシウムを基本とする無機セメントで、現時点ではMTAの適応は直接覆髄のみとなっていますが、実際には、穿孔部の封鎖、根管充填、断髄、歯根破折への対応、内部・外部吸収の治療など多岐にわたります。

ようするに、今まででは下手をすると抜歯になっていたような症例でも、なるべく長期にわたり保存することが出来るような症例を増やすことができる画期的な材料です。(もちろん効果のない症例もおおくあります)

最近出た「検証 MTA マテリアルと臨床テクニックのすべて」はいい本なので、興味のある歯科関係者は読んでみて下さいね。

 

 

金属アレルギー Dr上村

こんにちは、上村です。徐々に春の気配がしてきましたね。だいぶ暖かくなってきて昼間はポカポカして気持ちいいですね。

しかしそれに伴って花粉も飛び始め眼と鼻がやられつつあります。花粉症はアレルギーの一つですが、歯科においてアレルギーと言えば銀歯などによる金属アレルギーがあります。

もし金属製品によってかぶれた事があるなど金属アレルギーが疑われるのであれば、アレルギー検査を受ける事が有効になります。具体的にはパッチテストや血液検査などです。これらは皮膚科で検査をして貰うことができます。

検査結果によってもし陽性であったらアレルゲンは何かを特定します。そのアレルゲンが含まれる金属修復物があれば除去する必要があります。その後は金属を含まないコンポジットレジンやセラミックなどで修復する必要があります。

 

 

咬みつきのいい入れ歯 Dr高峰

こんにちは、高峰です。まだまだ寒い日が続きます、花粉もそろそろですし気を付けてくださいね。

日曜日大学主催の講習会に国際フォーラムに行ってきました。有楽町は駅前の感じがだいぶ変わり、人が多く活気にあふれていました。

そこで、我が母校の同窓の河原英雄先生の講演を聞いたのですが、とても参考になりすばらしいものでした。内容は、上下顎総義歯でもピーナッツでもエビフライでもなんでもしっかりかみ締めて食べられる入れ歯というものです。

具体論については本を見てくれとのことで、早速アマゾンで注文させてもらいました。題名は「咬みつきのいい入れ歯」というものです。80を超えた方でも、しっかり噛むことで顔の表情がかわり、活気にあふれ、歩けるようになり、脳を活性化するというものです。胃ろうの方でも症状によっては徐々に咬んで、飲み込む事で胃ろうから脱却できる可能性もあるようです。

本が届き次第しっかり読んで、実にしたいと思います。あわよくば先生のセミナーにも一度行こうかと考えています。

 

キシリトール Dr上村

こんにちは、上村です。冬季オリンピック真っ只中ですね。今頃スピードスケート女子1000mが行われていると思いますが、結果はどうなるんでしょう。期待しています。

さて先日、友人に聞かれた事なのですが、キシリトール入りのガムは虫歯予防に効果があるのか、という話でした。結論から言うとキシリトールは虫歯の予防効果が証明されています。

まずキシリトールというのは糖アルコールという甘味炭水化物の一つです。私たちがガムなどで口にするキシリトールは主に白樺の木などから抽出されるキシランヘミセルロースを原料にしてつくられています。キシリトールは日本では1997年に食品添加物として認可されています。なおキシリトールは米国ではどれだけ摂取しても問題のないものとして扱われています。

キシリトールが虫歯を防ぐ理由は2つあります。1つは他の糖アルコールと同じなのですが、唾液分泌の促進と歯の再石灰化作用です。そしてもう1つ、これはキシリトール特有なのですが、他の糖アルコールは少ない量ではありますが、口腔常在菌によって酸をつくります。しかしキシリトールは口腔常在菌が利用する事が出来ないのです。虫歯の原因となるミュータンス菌はキシリトールを取り込んでも代謝する事は出来ず、エネルギーを消耗してしまうだけなので、ミュータンス菌を弱める効果もあるのです。

 

ペーパーレスを目指して Dr高峰

こんにちは、高峰です。今年は本当に寒い日が続きますね。インフルエンザも流行っていますし、体調管理に気を付けてください。

さて当院では、3月からカルテを入力するシステムを電子カルテに変更します。ここ最近の悩みであったカルテを置くスペースをどうするのかという問題について、最善の方法は院内をペーパーレスにすることだと考えています。何日もレセコンメーカーと打ち合わせをし、大体の道筋が見えてきました。

今回はソニーさんにも協力いただき、デジタルペーパーなる物を駆使してペーパーレス実現が可能になりそうです。デジタルペーパーの詳細な部分の完成が春になるとのことなので、それまでは必要な部分はカルテを残し、5,6月頃には実現させる方向で動いています。

その後はアポイントシステムの電子化も考えていますか、それはもう少し様子をみながら進めていければと思います。当院で使用するのは株式会社アイデンスの電子カルテです。

噛ミング30 Dr上村

こんにちは、上村です。寒い日が続きますね。こう寒いとあんまり動く元気がなくなりますけど、食べてばっかりで太らない様に気を付けたいと思います。

以前ちょっと太り過ぎている時期がありダイエットをしていたのですが、ダイエット方法の一つに良く噛む事というのがありました。良く噛む事で早食いや食べ過ぎを防ぎ、食欲を抑制するホルモンが分泌され、少量でも満足感が得られる事で肥満予防につながるという訳です。

良く噛むと言えば、厚生労働省が歯と口の健康づくりを目指す指針の一つとして「噛ミング30」というものがあります。

噛ミング30は一口30回以上噛むことを目標としたものです。これは食育や高齢者の方の誤嚥や窒息防止にもつながります。

良く噛むことの利点としては、乳幼児や高齢者の方は30回以上噛むことで安全に飲み込む事が出来るとされています。また、乳歯の生え変わりの時期に良く噛むと顎の成長につながり、歯がきれいに並びやすくなります。また食物が細かく粉砕されると消化もしやすくなり、胃や腸の負担が減ります。そして良く噛む事は脳に刺激を与え脳の働きも良くしてくれます。

ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

 

 

ブラッシング Dr高峰

こんにちは、高峰です。大雪降ってしまいました。

昨晩融雪剤なる物を駐車場中に吹雪の中蒔いたのですが全く効果なし。途中で駄目だと悟り雪かきをはじめたのですが、寒さとふりしきる雪に断念しました。朝早くにくると一面雪だらけ、15センチ以上は積もっていました。総出で雪かきをしたのですが、一番乗りで2時間ほどやったせいで、疲れ果て、明日右手が大丈夫か不安です。

もう降らないでほしいと願っていますが、今年は黒潮大蛇行もあり心配ですねで。

雪かきもそうですが、お口の中のブラッシングは朝、昼、晩いつが一番大事でしょうか?もちろん3食後磨くのが一番ですが、最も大事なのは夜ではないかと思います。

寝ている間は、口の中も乾燥しやすく細菌の増殖も速いですし、何より唾液が出にくいので、食瑳を流すことが出来ません。また、寝る前に間食をしたなら必ず歯磨きを心がけてくださいね。

受験などで、生活リズムが不規則になり、歯磨きを怠っていると一気に何本も虫歯になってしまう例もよくあります。

また、スポーツドリンクなどもお茶代わりに飲んでいると虫歯の原因になってしまいます。気を付けてくださいね。

 

 

 

歯科治療における不幸な事故 Dr高峰

こんにちは、高峰です。今年の冬はやはり寒いですね。ただ、雪が降らないのは何よりですが、これからが心配です。

我が長男もセンター試験が終わりましたが、今年は浪人して来年に備えるようしていきます。子供はいくつになっても大変ですね。

さて、昨日去年の7月に福岡の小児歯科医院で麻酔治療後2歳の小児が死亡したという記事を読み驚きました。いったい何が原因だったのでしょうか?

2歳の子供に麻酔して治療なんてという投稿を目にしましたが、虫歯というより前歯などをぶつけて後日神経が壊疽して腫れてくるという事はよくあります。それで痛がっている場合は当院でも止む負えず麻酔して治療することはあります。おおむね泣いてしまうので、両親に抱いてもらい押さえてなるべく短時間で終わるよう気を付けて治療しますが、あとで子供も疲れてぐったりすることはあります。

今回の死亡の原因は低酸素脳症とのことでチアノーゼ的な症状が出ていたのを見逃したのかなという気がしますが、これは不幸なことです。

大人などでは麻酔時極度の緊張から、神経性ショックを起こし脳貧血状態になり気分が悪くなり酸素を吸ってもらう事はよくあります。ただ、子供ではあまり考えずらいことです。

かといって、麻酔薬によるアナフィラキシーはめったにないといわれてますし、症状が違います。局麻中毒も考えずらいですし、思うに小児歯科医院ということもあり、ラバーダムを装着して、鼻も麻酔などでしびれて呼吸がしずらくなり、号泣状態で窒息症状を起こしたのかな~と想像します。

だれもがこんな事故を起こしたいなどと思う訳もなく、当院でも細心の注意を払わねばと心しました。

 

 

 

バイオフィルム Dr上村

こんにちは、上村です。今年もよろしくお願い致します。

それにしても最近寒いですね、九州の方でも雪が積もっているとニュースでやってました。寒いので体調には気を付けていきましょう。

この前、台所の掃除をする際に冷たい水のままやろうとしたらあまりの水の冷たさに思わず声を出しちゃいました。台所を掃除する時にたまにヌメリがあったりしますよね。あのヌメリはバイオフィルムと呼ばれるものです。

バイオフィルムというのは分かりやすく言えば細菌の塊です。そしてこのバイオフィルムは口腔内にも良く見られるのです。いわゆるプラークはバイオフィルムの一種です。このバイオフィルムは歯の表面にべったりとくっついてヌメヌメした状態です。これを放っておくと歯周病の原因になります。

バイオフィルムは口をゆすいだりするくらいでは除去する事が出来ません。そしてバイオフィルムは表面に膜を張っているので抗菌薬でも十分に殺菌出来ません(もちろん抗菌薬はお口の中に浮遊している細菌には効果があります)。ではどうしたら良いのかというと、物理的に除去するしか無いのです。だからブラッシングと歯科医院での定期的な口腔内のお掃除が必要になるのですね。

僕ら歯科関係の人間でもお口の中を隅々まで完璧に歯磨きするのは難しいです。なので定期的にお掃除してもらっています。

お口の状態が気になられる方は遠慮なくお尋ねくださいね。

 

 

 

新年のご挨拶 Dr高峰

こんにちは、高峰です。

新年あけましておめでとうございます。

今年も当院をよろしくお願いいたします。

本日、1月5日(金)より診療を開始しております。

今年も医院の発展のため精進していきたいと思います。

 

キャナルシーラーBGについての続報 Dr高峰

こんにちは、高峰です。ラニーニャ現象が発生し今年の冬は寒くなりそうとのことと、黒潮の大蛇行が起きており、南岸低気圧の影響で関東も雪が多くなりそうとのことでとても心配です。

というのも積もった場合歯科医院の駐車場の除雪がとても大変になりそうなんですよね。早めに融雪剤やスコップなどを仕入れておかないと怖いです。

話はかわり、前にお話ししたキャナルシーラーBGですが、臨床に使ってみてとてもいい感触を得ています。この間、北村教授に話を聞いたところ単体で使ったり、シングルポイントで使うとより効果があがるとのことでした。

レシプロップと併用するのも勿論ですが、難症例の感染根管処置に使うとかなりの効果が確認でき、これはすばらしい薬剤かもと期待しています。もう少し症例数が増え、長期的な視野で治療効果が確認できればまたブログに載せたいと思います。

やや高価なのと、硬化までに1,2時間かかるのがネックですが、うまく使えば土台の型取りも出来ると思います。

 

キャナルシーラーBG Dr高峰

こんにちは、高峰です。いよいよ寒くなりそうですが、風邪に注意してくださいね。

前にレシプロックシステムという新しい根管治療について話しましたが、それと根管との間を埋めるシーラーという材料について説明します。

今まではメタシールという膨張性のある材料を使っていたのですが、今度キャナルシーラーBGというバイオアクティヴガラスを含んだもので、より封鎖性と生体親和性を向上し、根尖の治癒環境を整えれことが可能になった新製品を採用しようと考えています。

レシプロックとも相性がよさそうですし、何より私の親友である母校の北村教授の研究室が発表するそうなので使わなければなりません。

来週、教授にも会う予定があるので細かいことを聞いてきたいと思います。

より良い治癒を目指し頑張らねばなりませんね。

 

歯科における診療姿勢について Dr上村

こんにちは、上村です。今日は歯科診療における診療姿勢について書きたいと思います。歯科診療というのは、患者さんのお口の中の奥の方まで治療が必要になります。そのために、的確な診療姿勢、患者さんの的確な頭の位置、角度、開口度が必要となります。

ポイントとしては、

⑴患者さんの口腔を術者の中心線(解剖学的に言うと正中矢状断面)上にし、細かいものがよく見える位置に置かれるような診療環境を設定

⑵精密な治療を長時間行うために、無理のない姿勢を保つ

⑶患者さんの頭部の角度、開口度、さらに術者の位置を変えることにより、直視で治療する事を基本とする。直視が出来ない部位については、鏡視(ミラー)での診療を行う

といったところになります。具体的に術者はどういう診療姿勢が望ましいのかというと、まず座位で背筋を伸ばし、両肩を床に平行にします。両肘が身体からわずかに離れるようにします。手首が曲がったり、肘が上がったりすると疲れやすいです。頭部をやや前傾させ、患者さんの口腔を中心線上で眼から約25㎝(焦点の合う所)の位置に置きます。抜歯などやや力を必要とする場合は、少し下方に作業点を持っていきます。

誤った姿勢で診療を行うと術者の肉体的な疲労や患者さんの負担を増やすため、こういった事に注意しながら診療をしなければいけないのです。

 

妊娠中こそ口腔ケアが大切!

妊娠性歯周炎について  Dr上村

こんにちは、上村です。以前に乳幼児の虫歯予防について触れたので、今回は妊婦さんに関係する妊娠性歯周炎について書きたいと思います。

妊娠するとホルモンバランスの変化によって歯肉が腫れてくる事があります。これがいわゆる妊婦特有の妊娠性歯周炎です。

妊娠すると体内でエストロゲンという女性ホルモンが多量に分泌されます。このエストロゲンを大好物としているPrevotella intermedia(プレボテラ・インターメディア)という細菌があるのですが、これこそが歯周病の原因菌の一つなのです。つまり妊娠するとお口の中の歯周病菌が増えるという事です。

また、妊娠すると女性は免疫力が落ちますし、つわりでブラッシングも十分できなかったりという事も、お口の中で歯周病菌が増える原因になります。

妊娠性歯周炎は妊娠中特有のものだから出産すれば落ち着くだろう、と考えてしまいがちですが、そういう訳にはいきません。

この妊娠性歯周炎は早産や未熟児の出産のリスクを高めると言われています。なぜそうなるのかと言いますと、歯周病は歯茎に炎症がある状態です。炎症があるとサイトカインという物質が増えます。サイトカインが増えるとプロスタグランジンという物質の分泌が促されます。このプロスタグランジンは子宮収縮さようがあるため、これによって早産のリスクが高まる訳です。

妊婦が歯周病に罹患している場合、早産や未熟児の出産のリスクはそうでない人と比べ7倍にも跳ね上がると言われています。なので妊娠中こそ、お口の中の状態は気に掛ける必要があります。

気になる方は一度、検査やクリーニングを受けてみて下さいね。

 

 

 

レシプロックファイル

新しい治療システムについてDr高峰

こんにちは、高峰です。秋もそろそろという感じでいい陽気な日々が続きますね。

今回は前にも少しふれましたが、当院の歯の神経をとるシステムを変更しました。

ニッケルチタン製のファイルを用いて、規格を合わせた抜髄処置、根管充填処置を行うことにより、より手早く、より正確に治療を行うことが出来ます。

やや高価なのが難点なのですが、よりよい治療のためには必然ですね。レシプロックというシステムです。興味のある方は検索してみてください。

また、MTAセメントというこれまた高価なのですが、歯の底にパーホレーションなどがある難症例に使えるものが市販されたので早速取り入れました。これで治療の幅も広がると思いますので、ご安心ください。

北朝鮮情勢が混とんとしてきましたが、もし戦争となったら社会はどうなるのか、仕事はどうなるのか、経験したことがないだけに想像がつきません。心構えが必要ですね。

 

 

 

赤ちゃんの頃から虫歯予防を!

乳幼児の虫歯予防について Dr上村

こんにちは、上村です。今日は乳幼児の虫歯予防について書きます。

まず、虫歯の主な原因はミュータンス菌という細菌の感染によって起こります。歯が生えていない乳児にはこのミュータンス菌はいません。歯が生えてきて家族から感染すると、このミュータンス菌は口の中に居座り続ける事になります。

この虫歯菌に感染しない様にするためには、家族で同じスプーンを使う事や口移し、キスなどを避ける事です。ミュータンス菌は感染力、定着力が強いのでこういった事を注意する事が大切です。理論上、口の中にミュータンス菌がいなければ虫歯にはならないという事になりますが、現実的には厳しい話です。

ただミュータンス菌がお口の中にいるからといって必ず虫歯になる訳ではありません。ミュータンス菌の栄養となる砂糖を取り過ぎない様にし、ブラッシングがしっかり行われていれば、虫歯になる可能性はかなり低くなります。子供が小さい時はお父さんお母さんの頑張りどころです。一日2回以上の仕上げ磨きが望ましいです。

そしてあくまで補助的な役割ですが、定期的に歯科医院でフッ素を塗ってもらう事により歯の表面を強くして、虫歯になりにくくしていく事も重要です。

 

研修会風景

医院研修会 Dr高峰

こんにちは、高峰です。今年は暑いのか、涼しいのかよくわからない夏ですね。早く秋が来るのを楽しみにしたいと思います。

本日は診療終了後、歯科医師、歯科衛生士で咬合やTEKの作り方などの医院研修会を行っています。

少しでも成長したいという気持ちが強いので、診療後に研修会をと歯科衛生士たちから話をいただき、熱心に今も練習しています。本当に助かります。こんなスタッフ達を大事にしていかなければなりませんね。

また、我が大学のサッカー部の後輩たちもオールデンタルで決勝まですすみました。応援に行きたいのですが、香川は遠すぎます。20数年ぶりの快挙を目指し、何とか明日優勝を願っています。この間、OB会でしっかり語り合った後輩たちなので可愛くてしかたありません。

がんばれー!!

 

レシプロック

レシプロックシステム Dr高峰

こんにちは、高峰です。梅雨明けというのに、梅雨のヨナ曇り空が続きますね。暑くないのはいいのですが。

先日、開業前に努めていた恵愛歯科クリニックにお邪魔して、レジプロックシステムを利用した、新しい歯の根の治療の講習に行ってきました。

なかなか効率的で、理にかなっているので当院でも今後採用していこうかと考えています。詳しい内容はまた後日お話しますね。

また、杉原院長の開発したアウルビューというソフトも紹介してもらいなかなかの優れものだと感じました。興味のある方は検索してみてくださいね。

講習後はみんなで食事に向かいなんだかんだと遅くまでお酒を飲んでしまいました。上村先生の奥さんや、恵愛歯科の代診の先生とも語らうことが出来、充実した宴となりました。

 

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

047-455-7530

診療時間:10:00~13:30/15:00~19:00
(最終受付18:30)
休診日:日曜・祝日

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布なども
ご予約も3か月前からお取りいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などをご予約いただけます。

047-455-7530

新着情報

新着情報

2019年6月24日
曜日別 担当Dr

月 高峰 上村 小川 小須賀
火 高峰 上村 小川
水 高峰 上村 小須賀
木 高峰 小川 小須賀
金 上村 小川 山本 小須賀
土 高峰 上村 小川 小須賀
日・祝 休診

祝日のある週は、基本全員が出勤します。

担当がお休みの場合もあります。

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前 10:00~13:30
午後 15:00~19:00
※最終受付は18:30です

日曜日・祝日は休診

047-455-7530

アクセス

047-455-7530

〒275-0001
千葉県習志野市東習志野8-10-10

京成線「八千代台駅」西口より
徒歩:13分
バス:4分

駐車場14台完備