習志野市の【痛みの少ない】歯医者なら

医療法人社団 ほほえみ会 

スマイルデンタルクリニック

〒275-0001 千葉県習志野市東習志野8-10-10

診療時間(最終受付18:30)
10:00~13:30/15:00~19:00
休診日:日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

047-455-7530

歯の構造と名称、そして健康な歯でどのようにむし歯が進んでいくか

歯周病の怖さ

歯周病で、歯を失うと噛み合わせがかわることもあり、その結果、背骨が曲がったり、運動機能が低下したり、視力がおちたりする場合も考えられます。

虫歯と違い、悪いところを取り除いて埋めれば治るというものではなく、歯周病菌は多くの細菌の塊がネバネバしたバリアで守られた、バイオフィルムという強固な状態で、歯肉の奥深くなど歯ブラシなどで届かない場所に多数存在するため、完治ということが簡単に達成できないという難しさがあります。歯周病とは、細菌の感染によって、歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)などの歯周組織に炎症が起きる病気です。

現在日本では炎症が歯茎(歯肉)だけにとどまっている「歯肉炎」の人も含めると大人の5人に4人は歯周病をもっているといわれています。虫歯が1本もないからといって安心していても、歯周病にかかっているかもしれないのです。

 

  1. 歯周病の怖い点はサイレントディジーズ(静かなる病気)と呼ばれているように、初期のころには痛みや腫れなどをほとんど感じないことです。歯茎がはれたり、出血したり、歯がゆれはじめたりして異常に気づくころにはかなり症状が進行してしまっているということも少なくありません。
  2. 虫歯と違い、悪いところを取り除いて埋めれば治るというものではなく、歯周病菌は多くの細菌の塊がネバネバしたバリアで守られた、バイオフィルムという強固な状態で、歯肉の奥深くなど歯ブラシなどで届かない場所に多数存在するため、完治ということが簡単に達成できないという難しさがあります。
  3. そして歯周病が進行すると、歯を支える骨などの支持組織が喪失していき、そのまま放置するとついには歯が抜け落ちてしまいます。また、たとえ治療をして進行を食い止めても、1度なくなった支持組織がもとの戻ることはありません。歯周病で、歯を失うと噛み合わせがかわることもあり、その結果、背骨が曲がったり、運動機能が低下したり、視力がおちたりする場合も考えられます。また最近では、歯周病は歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康にもさまざまな影響を及ぼすことがわかってきました。
  4. 歯周病は細菌の感染による慢性的な炎症ですが、歯周病の原因菌がつくる毒素や炎症を引き起こす物質は、歯周病の病巣から血液中にはいり、全身に影響を及ぼす可能性があるのです。肺炎・心内膜炎・糖尿病・低体重児出産などとの関連が報告されています。また、糖尿病とヘビースモーカーは歯周病治療においても1番のリスクファクターといえます。
  5. そしてもうひとつ、歯周病が感染症であるかぎり、幼少期に限らず成人後も年齢を問わず、比較的容易に伝播し感染する(うつる)可能性があるということです。産まれたばかりの赤ちゃんは歯周病菌をもっていないのです。特にこのことは夫婦間より、遺伝的要素が同じである親子間でリスクが高く、親が歯周病の場合、子供は注意が必要です。(けっして必ず歯周病になるというわけではありません。

歯周病で歯が抜けるまでの様子

歯周病の予防

  1. 歯軋りなどで歯に異常な力がかかると、歯周病が進行しやすくなります。マウスガードなどで保護しましょう。
  2. 規則正しい生活をおくり、健康にすごしましょう。バランスのとれた食事も大切です。
  3. なんといっても毎日のブラッシングが1番大切です。歯周病は初期の段階(歯肉炎)ではブラッシングだけでも十分に対応可能です。細菌の塊のバイオフィルムをしっかり除去しましょう。少し進行した状態では、普通の歯ブラシでは届きにくい場所は、歯間ブラシ・デンタルフロス・トゥースピックなどの補助的用具が必要となります。
  4. 電動歯ブラシ: 歯周病では、バイオフィルムは強固で除去しづらく、進行してくると歯ブラシの毛先が届かない場所に多くの細菌の塊が存在します。そこまできれいにするという意味で、音波ブラシや超音波ブラシで高周波の振動により毛先の届かない位置のバイオフィルムを破壊するというのはとても有効だと思われます。
  5. 定期的に歯科医院で検査し、予防につとめましょう。初期症状としてブラッシング時の出血、起床時の口の中のネバネバ感、口臭などがあります。心当たりがあればすぐに検査しましょう、早期発見・早期治療が一番です。今後は感染症であるかぎり、内科的に細菌を除菌して治そういう治療も出てくると思います。

当医院でも顕微鏡による菌の特定を行い治療をすすめています。何かあればお気軽にご相談くださいね。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

047-455-7530

診療時間:10:00~13:30/15:00~19:00
(最終受付18:30)
休診日:日曜・祝日

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布なども
ご予約も3か月前からお取りいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などをご予約いただけます。

047-455-7530

新着情報

2020年8月4日
(夏季休暇)
8月9日(日)、10日(月)はお休みです。
8月12日(水)~8月16日(日)
まで夏季休暇とさせていただきます。

新着情報

2020年4月8日
 

【緊急事態宣言中の診療につきまして】
 

当院ではコロナウイルスによる緊急事態宣言後も感染予防対策を最大限強化し通常通り診療を行って参ります。

 

今後もし診療時間の変更や休診をさせていただく場合がありました場合は随時、院内掲示およびホームページにてお知らせいたしますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

 

当院では皆様に安心して通院していただけるよう共有スペースの定期的な消毒、機器の高圧滅菌、スタッフの健康管理・ゴム手袋、マスク着用・手指消毒の徹底などより一層細心の注意を払い、患者様の健康、命をお守りするためスタッフ一同安全確保に努めて参ります。

 

患者様へのお願い

発熱・咳・倦怠感がある場合、味覚、臭覚に異常がある場合、また接触者より感染者が確認された場合はご無理なさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。

今後、受付にて検温、アルコールによる手指消毒をお願いする場合がありますがご協力お願いいたします。

 

皆様にご不便をおかけし大変心苦しく思いますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

【重要】新型コロナウイルスに関するお知らせとお願い

新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、スタッフはマスク、ゴム手袋着用で対応させて頂くことがございます。

顔の表情が見えづらく、言葉も聞き取りにくくなるためご不便を感じられるかと存じますが何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

また厚生労働省より、下記のいずれかの要件を満たす方は、来院前に最寄りの「帰国者・接触者相談センター」または医科にご相談くださいますようお願いします。

 

◆風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

◆味覚、臭覚に異常がある方

その他、過去1カ月以内に海外への渡航歴がある方や健康状態に不安がある方は受診前にお電話にてご確認いただけますようお願い申し上げます。

新着情報

2019年12月26日
歯科医師募集

当院では現在常勤・パートの歯科医師を募集しております。条件等はドクター募集の項目を参考にしてください。
どうぞよろしくお願いいたします。 
 

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前 10:00~13:30
午後 15:00~19:00
※最終受付は18:30です

日曜日・祝日は休診

047-455-7530

アクセス

047-455-7530

〒275-0001
千葉県習志野市東習志野8-10-10

京成線「八千代台駅」西口より
徒歩:13分
バス:4分

駐車場14台完備