スマイルデンタルクリニック物語へ
 
トップページへ戻る
スマイルデンタルクリニック物語
スマイルドクのブログ
診療案内
設備紹介
メンバー募集
スマイルの宝箱
ドクター(歯科医師)募集
料金表(プライスリスト)
お問合せ
リンク
医院までの地図
トップページへ戻る
スマイルドクのブログ
トピックス
メール相談
スマイルデンタルクリニックまでのご案内



なぜむし歯になるの?
むし歯の病原菌ともいわれるストレプトコッカス・ミュータンスは、ふだん口の中にいる細菌です。この細菌は口の中に残った食べかす、特に砂糖によって酸をつくります。この酸が歯の表面を分解して穴をあけ、むし歯をつくるわけです。

ストレプトコッカス・ミュータンスの栄養源は砂糖です。糖類を多く含み、しかも粘着性のある食べ物を食べます。あなたが歯を磨かなかったと仮定しましょう。食べかすが長時間、歯にくっついたままでいると、ストレプトコッカス・ミュータンスはどんどん繁殖し、たくさんの酸をつくることになります。たくさんの酸は歯に広く、大きな穴をあけることになるでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はおらず、主に親からのスキンシップやスプーンでの口移しなどから生後19ヶ月から31ヶ月の時期に感染するといわれています。

むし歯はむし歯菌による感染症で、一度むし歯菌が住み着くと除去はなかなか困難です。

逆に生後19ヶ月から31ヶ月の時期に感染する機会がなければ、それ以後感染する可能性は少なくなります。なぜなら、いったん口の中で完成した細菌のバランスは容易に崩されることはなく、後からむし歯菌が侵入してきても定着することはないからです。

又、最近では、一度むし歯菌が住み着いた口の中の環境を、積極的に改善してゆこうという3DS(Dental Drug Delivery System)という方法も開発されてきております。
 







なぜ歯周病になるの?
歯はブラッシング(歯みがき)をしないでおくと、歯の周りに目では見ることのできないうすいネバネバとした膜が作られます。このうすい膜が食べかすとともに歯に吸着してプラークとなります。口の中は湿っていて、細菌が成長しやすいかっこうの場所なのです。

細菌が口の中で活発に増えていくと、歯や歯肉の間に黒っぽい、ザラザラhしたものがくっつきます。このプラークが黒っぽいザラザラした石のようなものになったものを歯石と呼びます。歯石はプラークと唾液中のカルシウムやリンが結びついて石灰化したものです。歯石になってしまったら歯ブラシなどで取ることはできません。

歯石ができてしまったら・・
歯石は自分で取ることはできません。歯科医院では専門の器具を使って丁寧に取り除くことができます。歯石は歯みがきを気をつけていてもつくことがあります。そのためにも定期検診を受けるたびに歯石を取ってもらい、歯周病にかかっていないかみてもらうようにしましょう。

こうやってできあがった歯石はドンドン大きくなって、歯と歯肉の間の組織を破壊して中に入り込み、歯周ポケットと呼ばれる深い溝をつくります。さらに歯石にプラークが付着して歯を支えている骨を壊す原因となります。歯肉は腫れてすぐ血が出るようになり、グラグラしてきます。ついには歯は抜け落ちるか、抜かなければならなくなります。

また最近では、あくまで推論ではありますが、細菌の他に、カンジダなどの真菌類も歯周病には関連しており、混合感染症なのではないかというスタンスをとっていられる先生方もおり、抗生剤と抗真菌薬と併用して内科的に歯周病を治してゆこうという動きもあります。当院でも研究してゆこうと考えております。






スマイルデンタルクリニック
〒275-0001 千葉県習志野市東習志野7-3-1 イトーヨーカドー 東習志野店内 2階 TEL:047(455)7530