習志野市の【痛みの少ない】歯医者なら

医療法人社団 ほほえみ会 

スマイルデンタルクリニック

〒275-0001 千葉県習志野市東習志野8-10-10

診療時間(最終受付18:30)
10:00~13:30/15:00~19:00
休診日:日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

047-455-7530

歯ぎしり・歯のくいしばり

歯ぎしり・歯のくいしばり

今月は日常的に食いしばりや歯ぎしりなど過度な力によってどのような影響がでるのかまとめてみます。

過剰な力でなにが起こる?

無意識に行われている歯ぎしり・くいしばり。 

ストレスの発散に必要なものなのですが歯にとってはたいへんな脅威です。そこで、どんなことが起こりがちなのか、患者さん&歯科医師泣かせの代表的なケースをあげてみましょう。

歯が磨耗する 

強い力でこすり合わせ続けると、歯が磨耗して減っていきます。 徐々に歯は削れて平らになり、エナメル質が失われてついには象牙質が剥き出しになってしみるようにもなります。  

象牙質はエナメル質よりも軟らかいためさらに磨耗しやすく、酸に弱いためむし歯にもなりやすい状態です。 また、歯が平らになると、上下の歯の本来の噛み合わせの位置がわからなくなり噛み合わせがずれやすくなります。 

エナメル質が傷んでくさび形に欠けてしまう! 

強い力が歯にかかり続けるとエナメル質に細かいヒビが入ります。 やがてヒビが拡がり、エナメル質はポロポロと剥がれ落ちます。 

ここを歯ブラシでゴシゴシとみがくと、摩擦のためにエナメル質がさらに削れて失われ、力が集中してかかる歯の根元がくさび形に欠けた状態(楔形欠損)になります。するとエナメル質にくらべて軟らかく酸に弱い象牙質が剥き出しになり、しみやすく、汚れが溜まりむし歯になることもあります。 

歯槽骨が溶けて歯周炎の治療が進まない

細菌による炎症がなくても、過剰な力がかかると歯槽骨がジワジワと 

失われていきます。これに細菌による炎症も加わると、歯周炎は悪化しやすくなってしまいます。また、歯周炎になっている患者さんの場合、歯石をとり細菌を減らす治療をしても、過剰な力がかかっているために歯槽骨がダメージを受け、思うように治療が進みません。

可能な限り丈夫な治療をしても過剰な力によって壊れてしまう歯。

治療の繰り返しは、悲しいことに患者さんと歯科医師の信頼関係まで

壊してしまうこともあります。

かぶせ物が繰り返し壊れる  

せっかく治療の終わったかぶせ物が取れたり壊れたりします。 

または、かぶせ物を支えている支台ごと、はずれてしまうこともります。せっかく終わった治療がやり直しになってしまうことはもちろん、残っている大切な歯根にダメージを与えてしまうと、つぎの治療に不利になってしまいます。歯ぎしり・食いしばりを減らさない限りいたちごっこです。

歯根が割れて抜歯に!

強い力に耐え切れず、歯根が割れてしまうことがあります。 

こうしたとき、ほとんどの場合が抜歯となり、歯を失うことになってしまいます。大きなむし歯の治療のために神経を取ってある歯は、健康な歯にくらべると弱く割れやすいので要注意です。しかし、健康な歯でも非常に強い力がかかり続けると割れてしまうことがあります。 

過剰な力は、歯を失う大きな原因となっています。歯ぎしりやくいしばりは無意識に行われているため、ほとんどの患者さんは、自分がしている、という自覚がありません。 

夜中に歯ぎしりをしていることを家族に教えられたりした人はともかく、くいしばりのように、見えない上に音もしないものについては、周囲はもちろん、ご本人も全く気が付いておられないことが多いのです。「歯ぎしりしてますか?」とお聞きしても「はい、してます」とおっしゃる方はまれです。

そういうとき、ヒントになるのがお口に刻まれている力の痕跡です。 

強い力を習慣的に受けている場合、歯やその周囲にはそのツメ痕が刻まれています。歯科医師が診ると、そこにはたいがい歯を痛め続け患者さんを苦しめている犯人の足跡を認めることが出来ます。 

こうした手掛かりは、目には見えない力の影響を考慮した治療をするためにとても役に立ちます。そこで、歯科医師がどんな手掛かりから力の影響を読み取っているのか、その一端をご紹介しましょう。 

このなかのいくつかに当てはまる方は、おそらく中等度異常の歯ぎしり・くいしばりをしているはずです。ぜひ、お近くの歯科医院でご相談ください。そして歯を守るため、忙しすぎる生活を見直し、後ほどご紹介する歯ぎしり・くいしばりを減らす方法を試してみてください。 

あなたのお口に歯ぎしり・くいしばりの足跡は残されていますか?

過剰な力は臨床経験からいってもいちばんやっかいなものです。 

若い頃から強くものを咬む癖のあるかたは年齢がいってもおおむね硬いものが好きな場合がおおく、それがじょじょに衰えてきた顎骨や歯への過剰な負担となり、色々な弊害をおこします。

出来ることならマウスピースをする、硬いものをひかえるなどして予防につとめてもらいたいものです。

 

クインテッセンス発行コミュニケーションマガジン 「NICO」参照

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

047-455-7530

診療時間:10:00~13:30/15:00~19:00
(最終受付18:30)
休診日:日曜・祝日

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布なども
ご予約も3か月前からお取りいただけます。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などをご予約いただけます。

047-455-7530

新着情報

2017年4月23日
ゴールデンウィークの診療
4月29日(土) 祝日 休診
4月30日(日)    休診
5月  1日(月)    診療
5月  2日(火)    診療
5月  3日(水) 祝日 休診
5月  4日(木) 祝日 休診
5月  5日(金) 祝日 休診
5月  6日(土)    診療
5月  7日(日)    休診
 
となっております。

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前 10:00~13:30
午後 15:00~19:00
※最終受付は18:30です

日曜日・祝日は休診

047-455-7530

アクセス

047-455-7530

〒275-0001
千葉県習志野市東習志野8-10-10

京成線「八千代台駅」西口より
徒歩:13分
バス:4分

駐車場14台完備