スマイルデンタルクリニック スマイルデンタルクリニック物語へ 診療のご予約はお電話でどうぞ
 
トップページへ戻る
スマイルデンタルクリニック物語
スマイルドクのブログ
写真
診療案内
インプラント 予防歯科
審美歯科 特殊義歯
歯科矯正  
設備紹介
メンバー募集
料金表(プライスリスト)
お問合せ
リンク
医院までの地図
 
トップ
ブログ
トピックス
メール相談
アクセス

トピックス
デジタルCTについての説明

CTとは?
コンピューター断層撮影法(Comuted Tomography)のことで、多方向からのレントゲンデータをコンピュータで合成して立体的に見ることのできる技術です。口腔内の歯や顎骨の様子を三次元で画像化することができます。


Comuted Tomography

従来のレントゲン装置との違い
簡単に言えば、従来のレントゲン写真(パノラマX線写真)は二次元であり、画像は一方向からの影絵のようなものなのに対して、CTを用いると、人間の身体を立体的に捉えることができ、どの方向からでも自由に断面の状態を詳しく見ることができるのです。

2次元のレントゲン画像では重なってしまって見えない部分も見分けることができますし、骨などの厚みや細かい凹凸の変化等、人間の身体の各部分をそのままの立体として捉えることができます。そのため、従来のパノラマ撮影時には分からなかった病巣やインプラントの埋入方向などを様々な角度から見ることができます。
その画像を元に診断し患者様に分かりやすくご説明します。

撮影方法
撮影時間も短く、操作も簡単に設計されてるので、患者さんの負担はほとんどありません。患者さんは立ったままで、ほんの数秒で撮影が終わり、しかも、撮影後すぐモニターで詳しい画像をみることが出来ます。

放射線量について
歯科用CTは特に顎と顔面の領域の撮影専門に作られていて、医科用CTと比較しても放射線量が圧倒的に少ないです。

ちなみに、一年間で自然界から受ける放射線(日本)は約1.5mCV 、東京・NY間の飛行時の被爆量は約0.2mCV、従来の歯科パノラマX線検査は約0.02mCVですが、歯科用CT検査の被爆料は約0.1mCV前後です。パノラマX線撮影の数枚分相当となっています。歯科用CTを活用することのメリットは大きくて、デメリットは格段に少ないと言えます。

身の回りの放射線量

インプラント治療におけるCT
インプラント治療とは、人工歯根を顎骨に植え込み失った歯を回復させる治療であり、この人工歯根は顎の骨の中に埋め込まれ維持されます。よって、その顎骨や周辺の組織の状況を立体的に把握した上で処置を行うというのは、当然、大変重要なポイントとなります。CTの3次元画像にて術前に骨の高さや幅、下顎の神経までの距離や上顎の空洞(上顎洞)
の位置や距離を診査することでより確実で安全な医療を行うことができます。
インプラント手術後も、状態を確認することができますし、長期的な経過を詳しく調べていくこともできます。必要な時に、すぐ詳細な画像データを利用できるのは、インプラント治療を安全で安心に進めていく上で大きな力になります。

インプラント治療以外にも…
(1)困難な智歯(親知らず)の抜歯の際に周囲の血管や神経の位置を確認できるので、難抜歯をより安全に行えます。

(2)歯の根の先に 膿がたまって痛みや脹れを引き起こす病気(根尖病変)の状態や原因歯との関係もはっきり分かります。根管の位置や方向も分かります。

(3)歯槽骨の状態
歯槽骨の状態を3次元や立体画像として見ることができますので、歯周治療や矯正治療に役立ちます。

(4)顎関節の状態


顎関節の状態を3次元や立体画像として見ることができます。通常、関節頭は中心に位置します。CT画像でずれていたり、関節頭が磨り減ったりしている場合は、それに応じた処置を施すことができます。

このように、デジタルCTは多くのメリットをもたらします。
これまで以上に、安全で確実な医療の提供が可能となるのです。

当院のCTの特徴
CTの撮影サイズ・・・部分モード:40mm×40mm(H)
口腔全体モード:160mm×80mm(H)360°
80mm×80mm(H)180°
スライス幅⇒最少0.05mm
ボクセルサイズ⇒0.075/0.015mm(標準)

※ ボクセルサイズとはCTのスライス幅で、数字の小さい方が画像の信頼性が高いと言えます。

部分撮影モードにより部分的にCTを撮影するこが可能。これにより患者様の被ばくを極力抑えた撮影が可能です。


 






copyright

習志野市 歯科 スマイルデンタルクリニック
〒275-0001 千葉県習志野市東習志野7-3-1 イトーヨーカドー 東習志野店内 2階 TEL:047(455)7530